ここから本文です

ハート、初のイングランド人GKとしてセリエAデビュー。第3節に先発出場果たす

フットボールチャンネル 9/12(月) 7:30配信

 今季にマンチェスター・シティからトリノへ期限付き移籍したイングランド代表GKジョー・ハートが、初のイングランド人GKとしてセリエAデビューを果たした。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 イタリア・セリエA第3節が現地時間11日に行なわれ、トリノはアウェイでアタランタと対戦。セリエAデビュー戦となったハートはこの試合に先発出場を果たし、90分間プレーした。試合は2-1でホームのアタランタが勝利している。

 ハートは、イタリアリーグに参戦した3人目のイングランド人GKだ。セリエAが現在の形になる1929年以前に初めてプレーしたイングランド人GKは、1896年に医師としてイタリアにやって来て、その後にジェノア(当時の名称はジェノア・クリケット・アンド・アスレティック・クラブ)でGKとDFとしてプレーしたジェームス・スペンズリー氏である。

 そして、2人目が1899年から1902年までミランでプレーしたホーバリン・フッド氏だ。しかしセリエAが現在の形になる以前は32チームが参加しており、16チームずつの2つのグループに分けられてリーグ戦が行われていた。

 これによりハートは、イタリアリーグがセリエAという名称へ変わり、そしてグループが1つに統一された1929年以来初めて同リーグでプレーしたイングランド人GKとなる。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 7:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。