ここから本文です

好調レアルを引っ張るMFモドリッチ「キャリア最高のチームだ」

フットボールチャンネル 9/12(月) 7:30配信

 5-2でオサスナを一蹴し、単独首位に立ったレアル・マドリー。中盤の要、ルカ・モドリッチは今のチームがベストであると考えているようだ。10日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 この日も中盤で素晴らしいプレーを披露し、1ゴールも挙げ、マドリー3連勝の原動力となったモドリッチは「いいゲームができた。5ゴールも入れた。最後は少し緩んだが、それも普通のことだ。非常に暑く、難しいピッチコンディションだった。我々は今日の勝利に満足している」と語る。

 この日のゴールで、マドリー通算11ゴール目となったが、このうち10ゴールがペナルティーエリア外からのシュートということに「それはジネディーヌ・ジダン監督からも要求されていることだ。練習でもよくトライしている。チャンスがあれば狙っている。入る時もあれば、外すこともある。今日は決められて本当にうれしい」とコメントしている。

 5日のクロアチア代表戦にフル出場していたこともあり、5-0となった63分に交代したが、サンティアゴ・ベルナベウの大観衆はスタンディングオベーションで彼をベンチに迎え入れた。「私に愛情を注いでくれるファンに日々感謝している。ファンのこの行為は非常にうれしい」とファンに感謝の思いを語った。

 そして、31歳のMFは「このチームに来て4年になるが、今のチームは自分がプレーしてきた中でも最高だ。どのポジションにも2,3人の選手が控えており競争がある。のんびりしていられない。だから常にピッチでベストを尽くさないといけないんだ」と述べた。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 7:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。