ここから本文です

チェルシー主将、松葉杖つきながらスタジアムを後に…負傷なら次節に影響も

フットボールチャンネル 9/12(月) 7:40配信

 チェルシーに所属する主将の元イングランド代表DFジョン・テリーが、現地時間11日に行われたスウォンジー・シティ戦で負傷していた可能性が浮上した。11日に英紙『デイリー・メール』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 試合はジエゴ・コスタの2ゴールにより2-2の引き分けで終え、テリーもフル出場を果たしていた。同紙によると、試合後にテリーは松葉杖をつきながらスタジアムを出て行ったとのこと。現時点で怪我の状態については明らかにされていないが、試合中に足首を負傷していた可能性があるようだ。

 チェルシーはプレミアリーグ第4節が終了した時点で3勝1分無敗と好スタートを切っていた。テリーはその好調を支えている選手の一人であるだけに、怪我の状況が心配されている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 7:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革