ここから本文です

【ねこ】前日まで元気だったのに…急な胃腸炎、どう対応する?

女性自身 9/12(月) 6:02配信

 楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

【Q】「僕は5歳のサバトラです。先日、具合が悪くて病院に行ったら、胃腸炎でした。前日まで元気いっぱいに遊んでいたものだから、飼い主さんがとても驚いていました。ねこって、そんなに急に病気になることがあるんですか?」

【A】「ねこは不調を表に出しませんし、外からはわかりません」(服部幸先生)

 診察して病気がわかったときに、「昨日までは元気だったのに」とおっしゃる飼い主さんはとても多いです。たとえば胃腸炎の場合、人間だと胃もたれ、食欲が落ちる、胃が痛くなる……など、不調に自分で気づくことができます。病院に行くかどうかはその人の考え方によりますが、早期に発見できれば、治りやすいですよね。

 一方で、ねこは不調を表に出しませんし、胃が痛かったとしても、外からはわかりません。何日もご飯を食べなかったり、吐しゃ物に血が混じっているなど、目に見える症状があって初めて病院へ行こうと思いますよね。この段階で、病気はかなり進行しているのです。

 また、いぬは病気の進行や治癒が人間より7倍速いといわれており、「ドッグスピード」という言葉もあります。ねこも同様で、昨日まで元気に見えていたコが、急に歩けなくなるということも。同じように、病気がよくなるときもとても速いです。症状に気づきにくく、進行するスピードが速い、ということだけでも覚えていただくといいでしょう。

 なにか異変に気づいたときに、「ようすを見てみよう」と思うかもしれないですが、ようすを見ているあいだに悪化するかもしれない、ということです。若いうちは元気なねこが多いですが、高齢になると病気にかかりやすくなります。早期に発見して治療することで進行を遅らせたり、完治できる可能性もあるのです。

最終更新:9/12(月) 6:02

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。