ここから本文です

清武所属のセビージャ、すでに来季補強を画策。マンCのMFをフリーで獲得か

フットボールチャンネル 9/12(月) 7:50配信

 日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャは、夏季移籍市場が終わったばかりにもかかわらず、すでに来夏の補強について計画しているようだ。11日付のスペイン紙『エスタディオ・デポルティーボ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 セビージャは、すでに来夏の補強選手の獲得に向けて計画を練っているようだ。同クラブは、今季でマンチェスター・シティとの契約が切れるスペイン代表MFヘスス・ナバスを来季にフリーで獲得するためにすでに動いていると報じられている。

 J・ナバスは、セビージャ出身の選手だ。2002-2003シーズンに16歳で同クラブのリザーブチームであるセビージャ・アトレティコへ加入すると、好結果を残したことでトップチームにデビュー。10シーズン過ごしたセビージャで公式戦391試合に出場し、31得点83アシストを決めた。

 そして、2013年に1750万ユーロ(約20億円)でシティへ移籍し、同クラブでこれまで公式戦150試合に出場し8得点36アシストを決めている。しかし今季でクラブとの契約が切れることから、セビージャはJ・ナバスをフリーで連れ戻そうと試みているようだ。

 セビージャ時代には、環境の変化やプレッシャーなどから不安神経症の傾向が見られたというJ・ナバス。当時は故郷のセビージャから遠く離れることを好んでいなかったと報じられていることからも、J・ナバスとって古巣への帰還は好ましい選択肢となるかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 7:50

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。