ここから本文です

痛恨2連敗にミラン監督が嘆き節 土壇場の不運な失点で「口の中にキックを食らった」

Football ZONE web 9/12(月) 14:20配信

ホームでウディネーゼに0-1敗戦 モンテッラ監督が独特な言い回しで悔しさを表現

 ACミランのヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、11日の本拠地ウディネーゼ戦で後半44分に失点し0-1で敗戦後、「口の中にキックを食らった」と独特の表現で悔しさをにじませている。イタリア地元テレビ局「メディアセット・プレミア」が報じている。

伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 見せ場の乏しい一戦は、意外な形で決着がついた。スコアレスで迎えた後半44分、相手FWペリカのボレーシュートはDFアバーテに当たり、コースが変わる。守護神ドンナルンマも反応できずに無念の連敗となった。

「この結果には不満だ。後味が悪い」と語った指揮官は、「難しい試合だった。ウディネーゼは自陣に深く引き、我々は試合のテンポを変えられなかった。我々の戦いは十分ではなかった。最後の失点で負けるとは、口の中にキックを食らったようなものだ。ちょっと不運だった」

 ペリカの一撃は痛恨だった。開始直後は右ウイングで先発したスソが決定機を作るなど攻勢を仕掛けながら、ゴールが生まれない重苦しい展開が続いた。

今季初出場の本田への好印象を明かす

「勝てなかったので残念だ。負けないことが大事だった。もっといい展開にできた。スタートは良かったが、決定機をあまり作れなかった。こういう試合では運も必要だ。ウディネーゼのように、ね」

 後半34分には、就任後初めて日本代表MF本田圭佑を右ウイングに投入。スソを中盤に下げて追加点を目指したが、逆に決勝点を奪われてしまった。「本田はサイドで1対1を仕掛けることによって、試合に良いインパクトを与えてくれた」と試合後の記者会見で本田のプレーについて評価した指揮官は次節以降、本田をスタメンで起用するのだろうか。ミランは前節ナポリ戦に続き、痛恨の2連敗を喫した。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/12(月) 14:20

Football ZONE web