ここから本文です

「正当な負けとは言いたくない」バルサMFブスケツ、初黒星に悔しさ露わ

フットボールチャンネル 9/12(月) 8:20配信

 ホームにアラベスを迎え、1-2とまさかの敗戦を喫したバルセロナ。MFセルヒオ・ブスケツは、この日の敗戦について「正当な負けとは言いたくない」と悔しさを露わにしている。10日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 圧倒的にゲームを支配しながらも、リーグ戦3試合目にしてまさかの初黒星を喫したバルセロナ。中盤の要ブスケツは、「いい試合ができなかった。彼らはほとんど攻めてこなかったが、非常に効率的だった。我々はひらめきなど色々なことが欠けていた」と述べ、「正当な敗北とは言いたくはないが、彼らの方がより効果的だったということだ」と悔しさを滲ませる。

 また、この日の試合では、各国の代表戦に出場していた選手も多く、スタメンの多くが入れ替わっていたバルセロナだが「スケジュールについてはどのチームも同じことだ。国際試合が多いとこういうことは起こる。だが、言い訳はすべきでない。我々は強大なチームだ、まだ3節が過ぎただけで、多くの試合が残っている」と続ける。

 そして「誰がプレーするかは監督が決めることだ。そして、適切な時に交代させる。皆、チームのためにベストを尽くそうとしている。あれこれ考えるべきではない」とコメントを残した。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。