ここから本文です

トッティ、23シーズン連続得点を達成「好調なのになぜ引退する必要がある?」

フットボールチャンネル 9/12(月) 8:30配信

 ローマで23シーズン連続得点を決めた39歳のFWフランチェスコ・トッティは、現役引退するつもりがないようだ。11日に伊メディア『スカイ・スポルト』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 現地時間11日にイタリア・セリエA第3節が行なわれ、ローマはホームでサンプドリアと対戦。この試合の後半から出場したトッティは、FWエディン・ジェコに同点弾を決めさせる1アシストを決めると、アディショナルタイムに獲得したPKを見事に決めてチームを逆転勝利に導いた。

 この勝利の立役者となったトッティは、「初めてPKを失敗できないという不安に少し駆られたよ」と試合後に口を開くと、「この試合は、1ゴール1アシストを決めて終えるべき試合だった。それにゴール裏スタンドの前で失敗することは許されないからね」とPKを決める前の状況について振り返っている。

 トッティは、先日契約をもう1年間延長。これが現役選手として結ぶ最後の契約になると報じられているが、これについて尋ねられると「それを決めるのはピッチだよ」と返答。「もしオレがこのコンディションを保ち、頭がオレにそうさせればなぜ引退しなければいけないんだい?」と現役引退をするつもりがない意図を伝えた。

 さらに、「オレがピッチに入ると人々はオレを熱狂的に応援するんだ。そうなるとオレのベストを出さないわけにはいかなくなる」とこれからも現役を続行することへの意気込みを語っている。

 ローマの選手としてセリエAで23シーズン連続得点を決めたトッティ。このパフォーマンスを続ける限り、セリエAから同選手の姿を見れなくなるのはもう少し先になりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 9:12

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)