ここから本文です

3連勝スタートのレアル主将「3冠への戦いが義務付けられている」

フットボールチャンネル 9/12(月) 9:00配信

 ホームで快勝し、単独首位に立ったレアル・マドリー。キャプテンのDFセルヒオ・ラモスは、高まるリーグ戦制覇への期待に「3冠を目指す」と切り返す。10日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 オサスナ相手に5-2と快勝し、第3節にして単独首位となったマドリー。自身もゴールを決めたラモスは、この日の試合について「目標は勝利だった。だが、様々な点で改善し続けなければならない。特にディフェンスだ。0点に抑えるようにしなければいけない」と5-0とした後、終盤、相手に2点を与えたことに言及する。

 そして、30歳のDFは「試合当初はピッチがよく滑り、ボール回しが楽だったが、その後ピッチが乾き、より苦労した。我々はダイナミックにプレーしたし、いいサッカーを続けられている。そして故障者たちも皆帰ってきている」と続ける。

 今季は5年ぶりのリーガエスパニョーラ制覇を求める声が大きいが、「(どのタイトルを重視するかは)人にもよるだろうが、全てのタイトルにプライオリティがある。たしかにリーガは数年制覇していないし、より大きな目標の一つだ。しかし、我々は3冠に向け戦うことが義務付けられているのだ」と答えている。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 9:41

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。