ここから本文です

久保建英ら擁するU-16代表の期待値と課題。日本サッカーの未来が懸かったU-17W杯アジア最終予選へ

フットボールチャンネル 9/12(月) 10:33配信

 日本サッカーの未来を見据える上で、育成年代での国際大会は極めて重要だ。U-17W杯は2011年以来出場できておらず、是が非でもアジア予選を勝ち抜かなければならない。アジア最終予選は今週にも始まる。小学生年代から注目されてきた久保ら擁するU-16代表の期待値と課題とは?(取材・文:元川悦子)

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

最後の国内合宿でも異彩を放った久保

 2大会ぶりのU-17W杯出場権獲得を目指し、15日にインド・ゴアで開幕するアジア最終予選を兼ねたAFC・U-16選手権に挑むU-16日本代表。森山佳郎監督の指導の下、7日から茨城県内で国内最終調整合宿を行っていた彼らは9日、鹿島アントラーズユース、水戸ホーリーホックユースと最後の練習試合を実施。

 久保建英(FC東京U-18)ら主力組が出場した鹿島戦はキャプテン・福岡慎平(京都U-18)のゴールで1-0と辛勝、控え組中心だった水戸戦は山田寛人(C大阪U-18)の2発と鈴木冬一(C大阪U-18)のゴールで3-3、引き分ける形となった。

 AFC・U-16選手権の日本はベトナム、キルギス、オーストラリアと同じB組。16日の初戦・ベトナム戦を皮切りに、19日のキルギス戦、22日のオーストラリア戦とグループリーグを戦い、2位以内になれば25日の準々決勝に進出。

 A組のインド、イラン、サウジアラビア、UAEのいずれかと対戦し、勝てば2017年にインドで開催されるU-17W杯の切符を手にできる。吉武博文監督が率いて16強入りした2013年U-17W杯(UAE大会)以来の同大会出場を目指し、日本は過酷な戦いに臨むことになっている。

 そんな森山ジャパンにとって、9日の練習試合は最終予選前最後の実戦の場。鹿島戦は、GK谷晃生(G大阪ユース)、DF(右から)菅原由勢(名古屋U-18)、瀬古歩夢(C大阪U-18)、監物拓歩(清水ユース)、喜田陽(C大阪U-18)、ボランチ・平川怜(FC東京U-18)、福岡、右MF・久保、左MF上月壮一郎(京都U-18)、FW宮代大聖(川崎U-18)、中村敬斗(三菱養和)という現状のベスト布陣でスタートした。

 相手が高校2年生中心の陣容ということもあり、前半は日本代表が圧倒。主に攻めの起点を作ったのが、平川、久保のFC東京コンビ。平川の展開力、久保の得点に直結するパスはしばしば相手を混乱に陥れていた。とりわけ、久保の創造性ある仕掛けは異彩を放ち、見る者を唸らせた。彼は本番でも確実に日本のけん引役になるはずだ。

1/3ページ

最終更新:9/13(火) 15:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。