ここから本文です

Keishi Tanaka、3rdアルバムリリース決定 シングル3部作ほかRopesとの新曲など収録

リアルサウンド 9/12(月) 21:33配信

 Keishi Tanakaが11月9日に3rdアルバム『What's A Trunk?』をリリースすることを発表。あわせてトレーラーを公開した。

 同作はKeishi Tanakaが2016年に掲げたテーマ“NEW KICKS=新しい刺激”の集大成となる1枚で、OBKR率いる<Tokyo Recordings>やジャズロックバンドのfox capture plan、松田“CHABE”岳二と紗羅マリーを中心に活動するバンド・LEARNERSと一緒に制作したシングル3部作を収録。そのほかにも、ART-SCHOOLやMONOEYESでギタリストを務める戸高賢史と、くるりのコーラスなどで活躍するAchicoのユニット・Ropesとのツアー道中に生まれた楽曲も初めて音源化され、関山雄太が監督を務めたトレーラーでは、MU-STAR GROUPの藤原大輔が打ち込みを担当し、Ropesと作り上げた楽曲「冬の青」を聴くことができる。

 また、レコーディングには小宮山純平(Dr.)、潮田雄一(Gt.)、RIDDIMATESのCrossYou(Sax.)、Chan Keng(Tp.)、LUCKY TAPESの田口恵人(Ba.)など、最近のライブでのサポートメンバーが参加。ほかにも松田“CHABE”岳二(Per.)、fox capture planの岸本亮(Pf.)、ストリングスには銘苅麻野(Vn.)、塩澤佳奈(Vla.)、吉良都(Vc.)といった個性豊かなミュージシャン陣も名を連ねている。

 なお、アルバム発売前週である11月3日のレコードの日には、同作のLPバージョンを先行販売することも決定している。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/12(月) 21:33

リアルサウンド

なぜ今? 首相主導の働き方改革