ここから本文です

【西部の目】ペップ・シティ、未完成もプレミア仕様の片鱗見せる。マンチェスターの赤と青、新章の幕開け

フットボールチャンネル 9/12(月) 11:32配信

 ジョゼップ・グアルディオラとジョゼ・モウリーニョの対決ということもあり普段以上に注目が集まったマンチェスターダービー。試合を制したのはアウェイに乗り込んだシティ。チームの完成度は高くなかったものの、ペップの志向するサッカーの片鱗は見せつけた。(文:西部謙司)

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

譲れないGKからのビルドアップ

 どちらもチームが出来上がっていないが、先に“らしさ”を見せたのはアウェイのシティのほうだった。

 加入したばかりのGKブラボを起用したのはグアルディオラ監督らしい。GKをビルドアップに加えたかったのだ。ボールの確保はペップの戦術において大前提。ユナイテッドはシティの深いところからのビルドアップを狙い続けていたので、危ない場面はあった。

 それでも安易にロングボールで逃げなかった。ここを諦めたらペップのチーム作りは頓挫してしまう。そのためのブラボ獲得であり、譲れない部分なのだろう。

 前半、シティのボールポゼッションは65パーセント。まだ理想には程遠いものの、主導権を握ることはできた。パスをつなぎながらコンパクトな距離感を作り、失ったら素早くプレッシャーをかける。セカンドボールもことごとく拾い、攻守にユナイテッドを圧倒した。

 先制点はコラロフのロングボールが起点だった。イヘアナチョが競り落としたボールをブリントの目の前でデ・ブルイネがかっさらい、そのまま正確なシュートを決める。追加点はデ・ブルイネのシュートがポストに当たった後、イヘアナチョが押し込んだ。

 どちらも崩しきったゴールではない。押し込んでいたからこそ生まれた2点とはいえ、崩しのところをどうするかはまだ定まっていない現状を表していたといえる。

 ビルドアップに関しては、まだ十分とはいえないまでもペップのアイデアは反映されていた。SBをインサイドに入れる、GKを起点にCBが開いて間にMFが下りるなど、バルセロナやバイエルン・ミュンヘンで使っていた形である。ただ、確保したボールをどうフィニッシュに結びつけるかは定まっていない。

1/2ページ

最終更新:9/12(月) 11:51

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。