ここから本文です

バルサ、昇格組に痛恨の敗戦…新加入D・スアレス「いつも通りにプレーできなかった」

フットボールチャンネル 9/12(月) 12:01配信

 バルセロナのスペイン代表MFデニス・スアレスが、チームの今季初黒星を分析した。11日付け『マルカ』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 ホームで行われたリーグ戦第3節アラベス戦を1-2で落とし、早くも今季初黒星を喫したバルセロナ。先発出場し、60分に途中交代でピッチから退いたD・スアレスは、「全てにおいて悪い試合だった。守備を固めた相手を崩すことができなかった。ここは世界最高峰のリーグであり、どんな相手にだって負ける可能性がある」と反省を口にした。

 この夏にビジャレアルからバルセロナに加入したD・スアレスは、今季1部に昇格したアラベス相手に思い通りにプレーすることができなかったと語っている。

「試合を通して自分たちのプレーができなかった。少なくとも自分は思い通りのプレーができなかった。でも上を向いてやっていくしかない。リーグ戦は始まったばかりであり、もうカンプ・ノウで敗戦がないようにしたい」

 バルセロナは現地時間13日にチャンピオンズリーグの開幕戦でセルティックとホームで対戦し、17日にはリーグ第4節で同じく昇格組のレガネスとアウェイで対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 12:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。