ここから本文です

好調レアル、ローテーションも好循環。3節ですでに21選手がプレー。

フットボールチャンネル 9/12(月) 20:10配信

 リーガエスパニョーラで単独首位に立った好調レアル・マドリー。第3節終了時点ですでに21選手がプレーしており、ローテーションの順調ぶりも窺える。11日、スペイン紙『アス』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 今季のマドリーのトップチームは24選手でスタート。そして、第3節終了時点ですでに21選手がプレーしているということだ。現時点でプレーしていないのは、ケガのGKケイラー・ナバス、DFファビオ・コエントラン、そして第3GKのルベン・ジャニェスの3人だ。故障中の2人を別とすれば、ジャニェス以外の全員がプレーしていることになる。

 ここまでの270分間のフル出場者はGKキコ・カシージャとDFセルヒオ・ラモスのわずか2名。昨季の同時点での6名と比べると、そのローテーション制の順調ぶりは明らかだ。

 EURO、コパ・アメリカ明けの選手も多く、過密日程を戦わなければいけない中で、多くのプレーヤーが出場し、公式戦ここまで4連勝。誰が出てもチームのクオリティを維持できるのが今季のマドリーの強みだ。そして、ジネディーヌ・ジダン監督の今後の舵取りにも注目が集まりそうだ

フットボールチャンネル

最終更新:9/12(月) 21:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ