ここから本文です

“M”と“S”温存でまさかの敗北…バルサ副会長「ネイマールだけでは勝てない」

フットボールチャンネル 9/12(月) 22:20配信

 バルセロナのジョルディ・メストレ副会長は、チームの今季初黒星に対してブラジル代表FWネイマール1人で勝てるほど甘くはないと語った。スペインメディア『モビスタール+』が報じた。

欧州主要チームの新戦力を分析 16/17移籍情報  獲得・放出選手一覧

 ホームで行われたリーグ戦第3節で、バルセロナは昇格組のアラベスと対戦して早くも今季初黒星を喫している。

 ルイス・エンリケ監督はこの試合でローテーションを採用し、攻撃陣にはウルグアイ代表FWルイス・スアレスとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを温存。“MSN”のうち、先発起用したのはブラジル代表帰りのネイマールだけだった。

 メストレ副会長は敗戦について、金星を挙げたアラベスを称えるとともに、飛車角落ちでも簡単に勝てるような戦いではないと語った。

「驚きはないよ。スポーツだからね。相手を祝福するべきだ。リーグのレベルは高い。ネイマールは好調だが、彼ひとりでは試合に勝てない」

 L・エンリケ監督は同点ゴールを奪ったあとにメッシを、勝ち越しゴールを奪われた直後にL・スアレスを投入しているが、その後もバルセロナはゴールを挙げることはできなかった。

 早くも黒星を喫したバルセロナだが、次節はホームで同じく昇格組のレガネスとホームで対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:9/13(火) 6:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。