ここから本文です

輝く琥珀色に誘われ、今日も一杯! 世界最優秀ショップから学ぶウイスキーの世界

ダ・ヴィンチニュース 9/12(月) 11:00配信

 読者諸氏の中で、ウイスキーを愛飲している方はどれくらいおられるだろうか。2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』を見てウイスキーに惹かれた方もいるだろう。小生がウイスキーの魅力にハマったのはここ10年くらいだろうか。とはいっても自身で買うのは1000円前後の品が主で、3000円の品を贈られたときは、それこそ大切にチビチビと飲んだものだ。そんな貧乏性の小生が、そのカバー写真のヴィンテージ感あふれるボトルに惹かれ手に取ったのが、今回紹介する『ウイスキー案内』(栗林幸吉:監修/洋泉社)だ。

 本書の内容としては、ウイスキーの歴史や製法などが紹介されていて基本的知識をしっかり学べる。だが、圧巻は第2章「垂涎のウイスキーコレクション」だ。この章ではウイスキー通も垂涎の品ばかりが100頁にもわたり並ぶ。冒頭からして、1930年代の「禁酒法」時代に売られていたバーボン(アメリカンウイスキー)「オールドグランダッド」なのも印象的だ。「禁酒法時代になぜ?」と思うだろうが、どうやら「薬用」との名目で売られていたらしい。

 他にもこうした貴重な品々が数多く紹介されているが、それもそのはず、監修の栗林幸吉氏は目白の酒販店「目白 田中屋」の店長である。そこは日本一のウイスキー店と呼ばれるほどの名店で、他店では扱っていない貴重な逸品を求めて都内は勿論、日本全国からも客が集まるのだ。その名声は国内にとどまらず、2007年にはイギリスの雑誌『ウイスキーマガジン』で小売店賞第2位を獲得。さらに2010年には世界的コンペティションの「ワールドウイスキーアワード」で単一小売店部門世界最優秀小売店を受賞している。

 栗林氏自身も前書きで「かなり偏っている。シングルモルトが多いし、今では売ってない古いボトルばかり。わがままな酒屋が、出版の自由を傘に出自した嗜好品としてお許しいただきたい」と述べている。だが、このわがままに選んだ逸品たちこそが、本書の魅力だろう。実はこの章の名品たちを小生はほとんど知らない。知っているブランドでさえも、そこにあるのは現行品ではなく、そのボトル自身に歴史があるヴィンテージ品たちだ。これを機会に小生も、もっとさまざまなブランドを知っておきたいと思う。

 ちなみに「シングルモルト」とは、大麦麦芽のみを原料としたウイスキーで、1つの蒸留所のみで作られた1種類の原酒を瓶に詰めたものである。一般的に市販されているのは、その「モルトウイスキー」と大麦麦芽以外で造られた「グレーンウイスキー」をブレンドした「ブレンデッドウイスキー」が主である。簡単にいえば「シングルモルト」は高級品なのだ。

 ならば「ブレンデッド」は安物かと問われると必ずしもそうではない。安い品は単に熟成年数が比較的短いものと考えていいだろう。ワイン同様、原酒の熟成年数はその味を決める大切な要素だ。中には「モルト」と「グレーン」以外に、醸造アルコールを添加したものもあるが、それですら仕上げのブレンドにはやはり熟練ブレンダーによる職人技が必要である。「ブレンデッド」は、そのブレンドによる相乗効果を味わうものなのだ。つまり、熟成年数を重ねた原酒同士を組み合わせた高級な「ブレンデッド」と、同じく熟成年数を重ねた「シングルモルト」とは考えかたが違うだけで、単純な優劣などはつけられない。

 と、なると今度は何故に栗林氏が「シングルモルト」を中心にセレクトしたかとの疑問も湧くだろう。氏としては原酒の個性がストレートに出るからこそ「シングルモルト」を基準にして考えているそうだ。なるほど、そもそもウイスキーは高いアルコール度数もさることながら、日本酒やビールと比べて個性が強い味わいだ。それなら、まずは基準となるクセを味わっておくのも手ではある。いつも「ブレンデッド」ばかりの小生だが、たまには奮発して「シングルモルト」にも挑戦してみたい。まずは財布と相談か。

文=犬山しんのすけ

最終更新:9/12(月) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。