ここから本文です

『亜人ちゃんは語りたい』TVアニメ化決定にファン大興奮!「今からテレビの前で正座して待ちます!」

ダ・ヴィンチニュース 9/12(月) 17:30配信

 “バンパイア”や“雪女”、“サキュバス”や“デュラハン”といった人間とは少し違う特徴を持ったキャラクターの生態を描いた人気漫画『亜人(デミ)ちゃんは語りたい』のテレビアニメ化が決定した。2017年1月から放送されるということで、ファンからは「アニメ化めっちゃうれしい! はよ!はよ!」「嬉しいいい! 1巻読んだ時点でアニメ化必至と思ってたからね!」と大歓喜の声が上がっている。

 同作は2014年9月創刊の「ヤングマガジンサード」で連載が開始された、漫画家・ペトスによるハイスクールコメディだ。物語はとある高校の生物教師・高橋鉄男が特異な体質を持つ「亜人」の生徒や教師と出会うところから始まる。バンパイアや雪女、相手を淫らな気持ちにさせるサキュバスや、頭と体が分離するデュラハンといった個性豊かな女子キャラクターたちが登場するのだが、亜人といっても高校生らしい悩みを抱えていたり、亜人ならではの葛藤にぶつかっていたりする。そこで元々亜人に興味のあった高橋は、彼女たちから話を聞き取り、解決しようとするのだが――。

 キュートな亜人たちが登場する同作には、読者から「とにかく皆可愛くて大好き! テンポもよくて夢中でどんどん読んじゃう」「愛しやすいキャラクター設定だけど、ちゃんとバケモノ感もあるのがたまらない!」と絶賛の声が。また中には「高橋のハーレム状態がずるい! こんな可愛い亜人なら自分も出会ってみたいわ」「女子高生相手にセクハラぎりぎりの質問をするなんて役得だよな」「高橋うらやましすぎ!!」と魅力的なキャラクターたちに取り囲まれている高橋を羨む声も上がっている。

 また、亜人たちが「普通の人間と違う」ことについて周囲の人間に劣等感を抱く描写もあり「コメディタッチの中でも亜人たちの劣等感がしっかり真面目に描かれているのが素晴らしい」「人と違うことで劣等感を感じるのは亜人も人間も同じ。すごく共感する部分があったし、勇気づけられた!」とシリアスな要素も熱い支持を得ている。

 ここで同作の大きな魅力となっている亜人たちを紹介しよう。まずはバンパイアの小鳥遊ひかり(たかなしひかり)。バンパイアらしくレバーやトマトジュースが大好きな彼女は、八重歯(牙)がキュートな元気娘だ。国から血液のパックが支給されているので人を襲ったりはしないが、雪女の血を吸いたいと妄想することも。恋に憧れている可愛い一面もある。

 雪女の日下部雪(くさかべゆき)は、体が冷たくて弱いという特徴があり、初登場時には体操着姿で担架で運ばれて「冷やせば大丈夫…冷やせば大丈夫…雪女だから…」と言いながら目を回している様子が描かれた。そして個性的な亜人たちの中でも強烈なインパクトを持っているのが、頭と体が分離するデュラハン・町京子。初登場の際は頭がない状態で廊下に座り込んでいて、その姿はまさにホラー…。しかし素顔は頭を抱きしめてもらうのが大好きなかわいらしい女の子だ。頭と胴体の距離がかなり離れても健康に異常はないようで、頭だけ岡山に残し、新幹線で体だけ東京に運ばれたこともあるという。

 そして数学教師で、人に触れたり夢を見させることで淫靡な気分にさせるサキュバス・佐藤早紀絵がいる。眼鏡にジャージ、ひっつめ髪というかなり地味な格好をしているが、これは相手をむやみに催淫しないための工夫であるようだ。

 ファンは「やっぱりバンパイアの子が一番可愛い! 高橋に髪形を褒められて赤くなるのがたまらない」「サキュバスの佐藤先生、地味なジャージ姿が逆にグッとくる!」「頭を抱きしめてほしいって甘えるデュラハンに萌える~」など、個性的な亜人たちの中からお気に入りのキャラクターを見つけて楽しんでいる。

 そんな魅力的なキャラクター造形で多くのファンを得ている同作は、現在単行本が3巻まで発行されていて、累計発行部数は驚きの55万部を突破。期待の最新4巻も2016年9月20日(火)に発売予定だ。

 そんな中、同作のテレビアニメ化が決定したのだが、監督はアニメ「ラブライブ!」シリーズや「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」の演出を手掛け、多くの支持を得ている安藤良が務める。また、シリーズ構成・脚本はアニメ「四月は君の嘘」「新妹魔王の契約者」で確かな実力を発揮した吉岡たかを、キャラクターデザインはアニメ「ゴーストハント」「シゴフミ」で好評を博した川上哲也が担当する。

 さらにアニメーション制作はアニメ「WWW.WORKING!!」や「うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター」など多くの人気作品を手掛けている「A-1 Pictures」が担当し、実力派スタッフが勢ぞろいとなった。

 アニメ化決定と制作スタッフの発表に原作ファンからは「『亜人ちゃんは語りたい』がアニメ化ですと!? やったぞおおおお」「うはーー! すごい豪華制作陣! 今からテレビの前で正座して待ちます!」「これは絶対面白いはず! 原作は最高だし、A-1 Picturesとか間違いないでしょ!」と興奮の声が上がっている。

 2016年9月3日(土)には公式サイトも公開され、実力派制作陣の発表に期待が高まっている『亜人ちゃんは語りたい』。2017年1月の放送まで、新作4巻を読みつつ正座して待つしかないだろう。

最終更新:9/12(月) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。