ここから本文です

【J1採点&寸評】浦和×鳥栖|輝き放った浦和の両サイド。難敵の牙城を突き崩した関根をMOMに

SOCCER DIGEST Web 9/12(月) 11:32配信

浦和――好守見せた西川、ファインゴールの宇賀神に「7」。

【チーム採点・寸評】
浦和 7
第2ステージ3位の鳥栖との上位対決。序盤はボールが落ち着かない展開になったものの、徐々にサイドを突きながら主導権を握り、40分過ぎに宇賀神、武藤と立て続けにゴール奪取。後半も危なげない展開で、リーグ3試合ぶりの完封勝利を収めた。柏木は「決して良い内容ではなかった。しっかり決めるべきところで決め、周ちゃん(西川)が止めるところで止めてくれた勝利」と振り返った。

【浦和|採点・寸評】
GK
1 西川周作 7
ムスタファ・エル・カビルと谷口の決定的なヘディングシュートをストップ。危うい場面はその2回ほどだったが、豊田らをターゲットにしたハイボールへの対処もパーフェクトだった。

DF
46 森脇良太 6.5
11分にトラップミスから裏に抜けたボールを豊田に拾われ、決定的なシュートは枠から外れ命拾い。一方、宇賀神が先制点を決めた場面、中央のスペースへのフリーランで敵を引き寄せた隠れた好プレーで貢献した。

4 那須大亮 6.5
豊田にほとんど仕事をさせなかった。ボールを持ち上がってのビルドアップへの参加は、宇賀神いわく「地味なようだけど、相手が嫌がるプレー」。完封に大きく貢献。

5 槙野智章 6.5
対峙した2トップとキム・ミヌを止める役割に専心。その仕事をまっとうしていたからこそ、時折見せたオーバーラップも効果的だった。

MF
3 宇賀神友弥 7
狙いすました約20メートルのシュートをねじ込み先制! 緊張した展開が続いていたなか、相手に与えたダメージは計り知れなかった。
 
10 柏木陽介 6(72分OUT) 
マッチアップした鎌田を運動量でも球際の強さでも上回り、先制点につながるフィードも放つ。ただ試合後の本人からは「ミスを3回ほどしてしまった。もっと決定的な仕事をしたかった」など反省の言葉が多く聞かれた。
 
22 阿部勇樹 6.5
34分の吉田のゴール前への攻撃参加を察知し、スルーパスをカット。2点目の起点となるロングパスを関根にとおした。試合を巧みにコントロールしていた。


 

1/4ページ

最終更新:9/12(月) 11:32

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。