ここから本文です

【日本代表ルーツ】「太っていても、大丈夫!」。GK西川周作の“大物”ぶりを示す少年時代の写真

SOCCER DIGEST Web 9/12(月) 7:33配信

小学生の頃を知る人は口を揃えて言う。「子どもの中に、ひとり大人が混ざっているようだった」。

 日本代表GK西川周作は大分県宇佐市で生まれ育ち、中学時代は宇佐FC、高校時代は大分ユース(大分U-18)と、いずれも発足して間もないチームで伸び伸びとプレーし、そして大分トリニータでデビューを果たした。
 
 小学生の頃、すでに身長が170センチ近くあった。当時を知る人は口を揃えて、「子どもの中に、ひとり大人が混ざっているようだった」と言う。
 
 そのインパクトは中学でも変わらなかった。「宇佐に有望なタレントがいる」と聞きつけた大分ユースの吉坂圭介GKコーチ(現・大分GKコーチ)が初めて西川を視察しに訪れた際、「おっさんが、試合に出ているぞ!」というぐらいひとり際立った大きな身体と存在感に“圧倒”されたそうだ。そして「一目惚れ」して、スカウトするために奔走した。
 
 ここに西川の小学生時代の写真がある。四日市南の是永哲也さんから以前にサッカーダイジェスト編集部に提供していただいたものだ。
 
 その幼少の頃の写真について西川と話をしていると、彼は「かなり凛々しくなったでしょ(笑)」と言って続けた。
 
「むしろ、あの写真を、ぜひ紹介してくださいよ。身体が太っていることを悩みにしている子どものアスリートって、けっこう多いと思うんです。でも、太っていても、大丈夫です。僕はたくさん食べたからこそ、身長がぐっと伸びて今がある。ふくよかだけど頑張っている選手たちに、勇気を与える存在になりたい」
 
 今季第2ステージの7節・湘南戦(○4-1)、8節・名古屋戦(○2-0)では、Jリーグ史上初の2試合連続アシストを記録した。それは決して偶然の産物ではないと西川は強調し、「ミシャ(ペトロヴィッチ)監督からは、誰にもできないようなプレーを常に求められている。それがモチベーションにつながっている」と語っている。
 
 日本代表選手のルーツ探訪。発売中の『サッカーダイジェスト』では、今回、西川の中学と高校時代の恩師と友人の証言をもとにしたストーリーを、5ページにわたり特集している。オウンゴール事件、GK&ボランチの二刀流挑戦、そして全国大会でFKを叩き込んだ舞台裏など――。 
 
 抜群のセーブ力に加えて、足もとの高度なテクニックを兼ね備える“規格外”GKは、どのように育てられていったのか? 山と大地に囲まれた宇佐の大自然につながるその“豊穣”な背景に、ぜひ触れてもらいたい。
 
 
取材・文●塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)
 

最終更新:9/12(月) 17:47

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。