ここから本文です

途中出場の本田は奮闘するも、ミランがウディネーゼから1点を奪えず連敗…

SOCCER DIGEST Web 9/12(月) 0:20配信

ミランはポゼッションを支配するも決定機を作れず…。

 現地時間9月11日、セリエA3節でミランが本拠地サン・シーロでウディネーゼに0-1で敗れた。
 
 ミランは出場停止のクツカとニアングの代役としてポーリとソサを起用し、過去2試合はインサイドハーフだったナベントゥーラをウイングに配置転換。本田圭佑は3戦連続のベンチスタートとなった。
 
 序盤から優位に試合を進めたのはミラン。ボールポゼッションを確保し、3トップとソサの連携で敵陣に押し入った。しかし、引き気味の陣形を引いた相手を崩すにはいたらず、
33分にソサが放ったボレーシュートもポストに嫌われた。
 
 一方のウディネーゼはトップ下のデ・パウルを起点にカウンターを狙うが、こちらもビッグチャンスを作れず。結局、前半はスコアレスドローで終わった。
 
 後半開始早々にはミランにアクシデント。ゴール前の混戦で頭を打ったアントネッリが試合続行不可能になり、52分にデ・シリオとの交代を余儀なくされた。
 
 この後半もミランがポゼッションを支配するも絶対的決定機を作れず、ウディネーゼの速攻もなかなか決まらないという前半と同じ展開が続いた。
 
 痺れを切らしたミランのモンテッラ監督は79分、ソサに代えて本田を投入する。背番号10は右ウイングに入り、すぐにタッチライン際の突破を試みるがこれは失敗。83分、84分には連続してオフ・ザ・ボールの動きでペナルティーエリアに飛び込み、パスを引き出すなど、攻撃を活性化しようと奮闘した。
 
 ミランは88分にポーリに代えてラパドゥーラを前線に入れるなどさらに攻撃色を強めるが、先制したのはウディネーゼだった。88分、アギエマン=バドゥのクロスに反応した途中出場のペリツァがシュートを放つと、ボールはアバーテに当たってゴールマウスに吸い込まれた。
 
 93分にはアバーテから縦パスを受け、ハルフレッドソンを弾き飛ばして右サイドを抜けた本田が、左足でクロスを上げる。しかし、ラパドゥーラとバッカの頭には惜しくも合わなかった。
 
 ミランはその後も反撃を試みるも、チャンスらしいチャンスはなし。このまま0-1で試合終了のホイッスルが鳴り響き、セリエA2連敗を喫した。

【フォーメーション図】ミラン 0-1 ウディネーゼ

最終更新:9/12(月) 0:27

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。