ここから本文です

まさかの判定にチェルシーのCBケイヒルが「月から見たってファウルだ」と激怒!

SOCCER DIGEST Web 9/12(月) 16:06配信

「ああいうジャッジが僕らを殺す」(ケイヒル)

 現地時間9月11日に行なわれたプレミアリーグ第4節で、チェルシーはスウォンジーと2-2の引き分けに終わり、開幕4連勝を逃した。
 
 18分にジエゴ・コスタのゴールで先制するも59分にPKで同点にされ、62分にはガリー・ケイヒルが自陣でリロイ・フェルに背後からボールを奪取され、そのまま勝ち越し点を許した。
 
 81分にD・コスタがこの日、2点目を決めたことで試合はドロー決着となったものの、試合後に怒りを露わにしたのはケイヒルだ。
 
 勝ち越し弾を許した際にフェルのプレスが足に掛かっていたと主張するイングランド代表CBは、「月から見たってファウルだった! あまりにも明らかで、振り返って見るとさらに怒りを覚える」とイギリスメディア『BBC』のインタビューに対してコメントした。
 
 ケイヒルは試合終了直後に審判と会話したことを明かし、「僕に対するファウルは2つもあったのに、彼は『見えなかった』と言ったんだ。まったく信じられないよ」と主審のアンドレ・マリナー氏のジャッジに対して不満を募らせた。
 
 さらに「こういったジャッジが、僕ら選手やチームを殺してしまう。僕らは勝点2を失った。このリーグでそれは大きなことだ」と語り、ケイヒルは試合を左右した判定に怒りが収まらない様子だった。
 

最終更新:9/12(月) 17:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。