ここから本文です

ザ・キラーズ、ボブ・ディラン『風に吹かれて』をカヴァー

ローリングストーン日本版 9/12(月) 17:30配信

ザ・キラーズのブランドン・フラワーズは、レイク・タホ・サミットでボブ・ディランに敬意を示すパフォーマンスを披露。

【動画あり】ザ・キラーズ、ボブ・ディラン『風に吹かれて』をカヴァー

レイク・タホ・サミットは、連邦、州、地域のリーダーがカリフォルニア州とネバダ州の州境にまたがるタホ湖周辺の自然環境の維持を目的として毎年開催されている。Stereogumによると、今年は、ザ・キラーズがコンサートを行い、ボブ・ディランの『風に吹かれて』をカヴァーしたという。

ザ・キラーズによるディランのクラシックのカヴァーは、逞しい軍隊風のドラムのビートに乗せて、ブランドン・フラワーズのヴォーカルから始まった。最初のヴァースを歌い終えた頃から残りのバンドが演奏を始め、曲の中間部分はデリケートなギター・ソロの見せ場となった。

ザ・キラーズは時折、ライヴ・ショーのなかでカヴァーを演奏する。過去には、イギー・アゼリアの『ファンシー』やキングス・オブ・レオンの曲を、自分たちの目的に合わせてアレンジしている。フラワーズも、ニュー・オーダーの『ビザール・ラヴ・トライアングル』をバーナード・サムナーと演奏したり、ザ・プリテンダーズの『ドント・ゲット・ミー・ローング』をクリッシー・ハインドと演奏したりしてきた。

ザ・キラーズはネバダ州の出身で、このサミットの目的と個人的にもつながっている。彼らのコンサートを主催したのは、ネバダ州上院議員ハリー・レイド氏で、レイド氏は年末には上院から引退する。レイク・タホ・サミットの基調演説はオバマ大統領が行った。

Translation by Kise Imai

ELIAS LEIGHT

最終更新:9/12(月) 17:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2017年WINTER

株式会社パワートゥザピープル

2017年WINTER
12月10日(土)発売

880円(税込)

特集:The Rolling Stones
約11年ぶりの新作インタヴュー
ONE OK ROCK
SUGIZO/TAKURO
浅井健一/西島隆弘 AAA

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。