ここから本文です

変貌する国際都市ダブリンを行く

ニューズウィーク日本版 9/12(月) 15:00配信

<金融危機でどん底に落ちたアイルランドの首都は、世界中の若者が集まる「多文化都市」へと生まれ変わった>(写真はパブでミュージシャンがライブ演奏を聴かせるダブリンの昔ながらの風景)

『シング・ストリート 未来へのうた』は、80年代半ばのダブリンを舞台にしたアイルランド人監督ジョン・カーニーの自伝的音楽映画。プレミア上映に合わせて、このアイルランドの首都を訪れてみた。

 カーニーは上映前、地元の人々の反応が心配だと言った。この作品が描いているのはダブリンのどん底時代。映画自体は魅力的で力強い作品だが、殺風景な街の景観は今と大きく違う。

「80年代のダブリンは、50年代のイギリスみたいだった」と、カーニーは当時を振り返る。「当時の学校は教会に支配されていて、誰もがここから出ていきたいと思った。今のこの街は、多文化の国際都市だ」

 映画の上映が終わると、観客は立ち上がって拍手喝采した。カーニーと若い出演者がステージに上る。ダブリン市民は、この街の変化を改めて見せてもらったことに喜んでいるようだ。

『シング・ストリート』の時代から10年後、アイルランドは「ケルトの虎」の時代を迎えた。EUの投資と住宅価格の急騰を追い風に経済は急成長。ヨーロッパ最貧国の1つから、最も活力のある国の1つに変貌した。

 だが好景気の後には、08年の世界金融危機を引き金とするバブルの崩壊が待っていた。09年1月、アイルランドの政府債務はユーロ圏で最も危険なレベルにまで膨らんだ。

 私はダブリンの変化をこの目で確かめたくて、街に繰り出した。以前にここを訪れたのは11年。格付け機関ムーディーズがアイルランド国債の評価を投資不適格に引き下げた直後で、地元の友人は意気消沈していた。

【参考記事】ポルトガルで出合う究極のエッグタルト

 今は違う。アイルランドはヨーロッパのITセンターとなり、ダブリンにはグーグル、フェイスブック、マイクロソフトなどの欧州本部がある。EUやそれ以外の地域から若者たちが大量に移り住んだダブリンは、国際色豊かな都市に生まれ変わった。

 リフィー川北岸のブロードストーン地区を歩いてみると、かつての荒廃した街並みはにぎやかなバーやカフェに姿を変えていた。大半は20代の若者(地元出身者や外国から来た人もいる)が開業した低価格の店だ。

 ケイペル・ストリートの人気店ブラザー・ハバードは値段のわりに質のいい新鮮な食材が売り。トルコ風スクランブルエッグ「メネメン」は、このためだけに訪れる価値がある。

最後の夜はギネスで乾杯

 ここを教えたくれたのは、フランス料理のブロガー兼グルメツアー・ガイドのケティ・エリザベス。彼女は「ケルトの虎」時代にダブリンに移り住んだ。当時の「食事情はひどかった」という。「ファストフードと、値段が高くてお決まりのメニューの高級料理店ばかり。今は新鮮な地元産の食べ物を手頃な値段で出す店が多い」



 以前のケイペル・ストリートは性風俗の街だったが、今では高級料理の中心地に変わりつつある。エリザベスに案内してもらったカメリーノは、ブラザー・ハバードと目と鼻の先にあるケーキとパンの店。イタリア系カナダ人のカリーナ・カメリーノが14年末にオープンした。

「最初は焼いたケーキを週末のマーケットで売っていた」と、カメリーノはカウンター越しに言った。店のケーキとパンはすべて裏の工房で焼いている。

 グルメブームは、観光産業の急激な変化の副産物だ。30年前は観光客の7割がイギリス人がだったが、今は3割に減った。

 かつてアメリカ人観光客の4分の3は友人や親戚を訪ねる人々だったが、今はアイルランドにルーツを持たないアメリカ人が大半を占める。つまり郊外の親戚の家ではなく、ダブリン市内に4万8000軒あるホテルのどこかに宿泊する人々だ。

 ダブリンの観光名所が集中するリフィー川の南に戻り、かつて製革業と毛織物業の中心地だったリバティーズ地区へ向かった。目的はジャック・ティーリングに会うことだ。

【参考記事】イラン「開国」で訪れるべきはここ!

 ダブリンの復活は本物だと確信したティーリングは昨年、市内では125年ぶりとなる新規のウイスキー蒸留所をオープンした。このティーリング・ウイスキー社は、蒸留所であると同時に観光スポットでもある。

 ティーリングによると、開業1年目の見学客は4万人。施設内にはレストランと試飲室に加え、ウイスキーと自社ブランドのTシャツ、エプロン、ママレードを販売するショップもある。

「今のダブリンの象徴になるような事業を始めたかったんだ。おしゃれでハイテクな国際都市のね」と、ティーリングは言う。

 カーニーが『スイング・ストリート』で描いた時代から、ダブリンは劇的な変化を遂げた。その様子を自分の目で確かめることは素晴らしい経験だ。

 それでもダブリン最後の夜は、エンジャー・ストリートのスワンで伝統のギネスビールを味わうことにした。ここは市内で最も古いビクトリア朝風パプの1つ。1杯のギネスは、古いダブリンもまだまだ捨てたものではないことを教えてくれる。

[2016.9. 6号掲載]

グレアム・ボイントン

最終更新:9/12(月) 15:00

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・13号
12/ 6発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。