ここから本文です

テスラからSUVタイプのモデルXが登場!! 価格は895万円~

clicccar 9/12(月) 18:22配信

セダンのモデルS、モデル3に続き、SUVのモデルXがテスラから登場しました。

9月12日からすでにウェブで予約受注を開始し、店頭では9月16日にテスラ青山、17日からテスラ心斎橋にて販売、展示されます。

【この記事に関する関連する別の画像を見る】



「ファルコンウィングドア」と呼ぶガルウイングドアを採用し、3列7人乗り(もしくは6人乗り)としているモデルX。

センサーが付いていて障害物がある場合は開かないようになっているのはもちろん、全開させると大人でも立つことができます。両サイドに30cmしか隙間がないような場所でも開閉が可能。また、フロントドアにも自動開閉する機能が用意されています。

全長5037×全幅(ミラー格納時)2070×全高1680mm(ドアを閉めた状態で、オープン時は2200mm)。ホイールベースは2965mmとなっています。なお、アクティブスポイラーを備えたモデルXはCd値を0.24とSUVトップクラスを達成しているそうです。



バージョンは全部で5つ。60D(新欧州ドライビングサイクルのNEDC値で航続可能距離355km、最高速210km/h)、75D(417km、210km/h)、90D(489km、250km/h)、P90D(489km、250km/h)、P100D(542km、250km/h)となっていて、最上級のP100Dは0-100kph加速を3.1秒でこなすという俊足ぶり。

なお、自動運転のバージョンが7.2から8.0にアップデートされ、自動運転の「レベル2」は変わらないものの、ソフトウェアの進化により検知するデバイスをレーダーに変更しているとのこと。

駆動方式はAWDで、前輪と後輪へのトルクを独立させてデジタル制御することによりSUVに求められるトランクション性能を確保。



居住性は、サードシートは頭上、足元ともに少し狭いですが、1列目、2列目は十分な広さが用意されています。トランク容量はフロントが187L、「6シート インテリア レイアウト」と呼ぶ状態で最大2180Lもの容量を誇っています。

なお、モデルXの納車は、現時点で2017年前半の納車が予定されているそうです。



(文/写真 塚田勝弘)

最終更新:9/12(月) 18:22

clicccar

記事提供社からのご案内(外部サイト)

なぜ今? 首相主導の働き方改革