ここから本文です

神戸の下町で見つけた極上ケーキの数々! パリっ子気分を味わう洋菓子屋さん

CREA WEB 9/12(月) 12:01配信

 以前にこのコラムでご紹介した「boulangerie MAISON MURATA(ブランジュリー メゾン・ムラタ)」の村田圭吾さんが「とってもおいしいフランス菓子のお店が近くにできています」と知らせてくれました。

 神戸市営地下鉄に乗って、メゾン・ムラタがある和田岬駅から2駅目の苅藻駅で下車。教えてもらわなければ来ることのないだろう町工場が点在するエリア。北へてくてく歩くと、フランス国旗が見えてきました。駅から徒歩約10分。空色のテントと外観のかわいいお店「パティスリー オ・プレジール・シュクレ」です。

 中に入ると、明るいエメラルドグリーンの壁面に、フランスのエコバッグがディスプレイされ、小さなショーケースには生ケーキがぎっしり。棚には焼き菓子と一緒にエッフェル塔などの小物がさりげなく飾られています。パリ気分になれる小粋な雰囲気。オーナーでシェフパティシエの大江徹さんが、笑顔で迎えてくれました。

 大江さんは、1975年、神戸市生まれ。小さい頃から芦屋「アンリ・シャルパンティエ」のフィナンシェが大好きだったのだそう。大学生の時に阪神・淡路大震災に遭遇。実家がある長田区の大きな被害をまのあたりにして「好きなことをしよう」と決意します。

 運良く洋菓子の名店で憧れでもあった「アンリ・シャルパンティエ」に就職し、お菓子作りの道へ。「”焼き”の部署で、焼きを徹底的に覚えました。その後、菓子店やカフェで働くうち、フランスのお菓子を見てみたくなった」と大江さん。旅して菓子店を食べ歩くうち、パリで働いてみたいと思うようになったと言います。

 35歳で渡仏。パリで語学学校に通いながら、数軒のパティスリーで修業。「パティスリー カール・マルレッティ」や日本に出店している「ピエール・エルメ・パリ」「ラ・パティスリー・デ・レーヴ」、パリ郊外のマカロンのお店「Macaron et cacao」、レストランのパティスリー・シェフとしても働きました。

 帰国して「パリのようなお店を」と、実家を改造し、2015年11月11日に自店をオープン。ひとりでたくさんのお菓子を作っています。

1/3ページ

最終更新:9/12(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。