ここから本文です

日本で一番ヒョウ柄が好きなのは大阪人じゃない? 日本一の県は実は…

オーヴォ 9/13(火) 12:43配信

 今年の秋冬は、ヒョウ柄・パイソン柄といったアニマル柄がトレンドに復活するそうだ。そこで、秋冬アイテムが続々出ているZOZOTOWNで、「“ヒョウ柄といえば大阪”だけど、大阪の人は本当にヒョウ柄が好きなの!? 」を検証したところ、なんとヒョウ柄を買っている都道府県1位は埼玉県だった。

 昨年から今年の夏にかけての1年間、都道府県別に「ZOZOTOWNでのヒョウ柄アイテムの年間購入金額」などをポイント化して比較。埼玉県民は、他県民よりも単価の高いヒョウ柄アイテムを購入していて、年間購入金額も圧倒的に高いことが分かった。大阪は第2位。3位は岐阜県、4位が東京、5位福岡県という結果に。

 1位の埼玉県民には、アンケートを実施して追加調査(埼玉県在住15~60歳の男女797名)。 洋服購入時に重視するポイントは「色」「価格」などを抑えて 「デザイン・柄」を優先する人が8割。柄物のアイテムを取り入れるコーディネートが好きな人も6割にのぼった。アニマル柄が好きという回答者のうち「ヒョウ柄が好き」と回答した人は50%。

 同社の大阪出身スタッフは、「一番ヒョウ柄着てる『大阪のおばちゃん』は地元の商店街で買うから、ZOZOTOWNでは買わへんのちゃいます!? 大阪のおばちゃんにも買ってもらわな(笑)」「大阪人はヒョウ柄とか柄物に抵抗ないんですけど、最近若い人で派手な服着る人が減ってる気ぃします。今は東京の方が派手やないですか!?」とのこと。大阪の方、いかがですか~?

最終更新:9/13(火) 12:43

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。