ここから本文です

ベイカー茉秋、話題の祖母と共演 「金メダルのご褒美はうなぎ屋さん」

エンタメOVO 9/13(火) 17:42配信

 映画『スーサイド・スクワッド』の公開 記念イベントが13日、東京都内で行われ、ゲストとしてリオデジャネイロ五輪男子柔道90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋選手と祖母の小林リナさん、お笑い芸人のなだぎ武が登壇した。

 本作は“史上最凶の悪党たち”による、クレイジーでポップなアクションエンターテインメント。

 この日、胸に金メダルを輝かせながら現れたベイカー選手は「小さいころからの夢の舞台で金メダルを獲得できてうれしく思います」と改めて喜びを語ると「また東京五輪があるので連覇を目指して頑張りたいです」と力強く語った。

 一方、個性的なファッションで孫の応援をする姿がテレビやインターネット上で話題になったリナさんは、本作のヒロイン、ハーレイ・クインのいで立ちで登場した。

 リナさんは「今日は茉秋のためにありがとうございます。ウフフフ」とちゃめっ気たっぷりにあいさつ。ファッションについても「派手好きなのでピカピカするのが大好き」と乙女モード全開だったが、孫が金メダルを獲得した瞬間について尋ねられると「最高にうれしくて涙が出ました」としみじみと振り返った。

 そんな祖母に対して、ベイカー選手は「(優勝した時は)おめでとうという言葉を掛けてもらって、帰国した次の日にもうなぎ屋さんに連れて行ってくれました。うなぎ屋さんでも一番目立っていました」とニッコリ。リナさんは「そうなんですよ。驚いちゃいました。何ででしょう」とオトボケで応じて笑いを誘った。

 最後に、19日の敬老の日にちなみ、ベイカー選手がリナさんの首に金メダルを掛けながら「家族の応援もそうですし、おばあちゃんの応援も本当に力になっている。そういう支えがあったからこそ取れた金メダル。これからも先も健康で、おしゃれで、長生きしてずっと応援していただきたい」と感謝の言葉を伝えると、リナさんも「まだまだ頑張ってもらわないと。体に気をつけて頑張ってください」と孫のさらなる活躍に期待を寄せた。

最終更新:9/13(火) 17:42

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。