ここから本文です

立川志らく 渥美清を語るトークイベントでオススメ作品紹介

NEWS ポストセブン 9/13(火) 16:00配信

 立川志らくトークイベント『俳優 渥美清 没後20年を迎えて』が9月1日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで開催された。

 落語家であり映画評論家としての顔を持つ立川志らく(53才)。師匠である立川談志が渥美清と親交が深かったこともあり、『男はつらいよ』シリーズ全48作を観たところ、その魅力にハマり、いつしか“寅さん博士”になっていたという。

 また、寅さんについて語り尽くす独演会を開催した際、山田洋次監督に「俺より詳しい」と言われたとのエピソードも明かした。

 さらに志らくは、役者・渥美清の魅力を知るためのオススメ映画4本を紹介。『拝啓天皇陛下様』(1963年)、『キネマの天地』(1986年)、『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年)、『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983年)というラインナップだった。

撮影/小彼英一

最終更新:9/13(火) 16:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。