ここから本文です

ワンコインの幸せ!「雪見もちもちカフェ」はコスパも抜群

東京ウォーカー 9/13(火) 9:18配信

「雪見だいふく」のもちもちとした世界観を体感できるカフェ「雪見もちもちカフェ」が、9月13日(火)から24日(土)まで、東京・表参道BA-TSU ART GALLERY内と、大阪・阪急梅田駅2階中央改札内にオープンする。

【写真を見る】巨大「雪見だいふく」がずらり!?もちもち&ふわふわなクッションが並ぶベッド型ソファ

昨年大好評を博した「雪見もちもちカフェ」が、さらにパワーアップして帰ってくる!今回は、東京・表参道店で行われたメディア向け内覧会に記者が参加。一足早く、「雪見だいふく」を使ったオリジナルスイーツに癒やされてきた。

入り口から一歩中に入ると、かわいいウサギたちが出迎えてくれる、メルヘンチックな「もちもちゲート」が登場。ここを抜けると、その奥には「雪見だいふく」をイメージした真っ白な世界が広がる。ソファもクッションも、手触りはすべてもちもち&ふわふわ!なかでもおすすめしたいのが、靴を脱いで脚を伸ばし、自宅のような感覚でくつろげるベッド型のソファだ。

大きなクッションに埋もれるようにもたれかかり、気分も自然とリラックスモードに。しばらくすると、お待ちかねのオリジナルメニューが運ばれてきた。今回記者がチョイスしたのは、最もボリューミーな「雪見なメロンパン」(500円)。2枚にスライスしたメロンパンの間に「雪見だいふく」とフルーツ、ホイップクリームなどがサンドされた豪華な一品だ。

別添えのストロベリーソースをかけて、早速パクリ!すると、メロンパンが持つバターの芳醇な香りとサックリした食感、もちもちの「雪見だいふく」が口の中で絶妙にマッチ。イチゴとキウイ、マンゴーがたっぷり入っていて程よく酸味があるため、見た目の印象ほど甘くない。「雪見だいふく」のアイスクリームがメロンパンの生地に染みこむと、さらにリッチな味わいに!一皿で十分お腹いっぱいになり、満足度も抜群だ。

オリジナルスイーツはすべてドリンク付きで500円。ワンコインでこの内容はかなりの高コスパ!東京・表参道店では、今年新たに開発された全7種類のメニューが展開され、「雪見だいふく」のCMキャラクターを務める土屋太鳳がプロデュースした「太鳳のつやつや雪見」(500円)も登場。さらに、十五夜にあたる9月15日(木)は、この日1日限定で「お月見雪見」(500円)も楽しめる。

味、見た目、コスパと三拍子そろった「雪見もちもちカフェ」のオリジナルスイーツ。店を出る時には、身も心も癒やされていること間違いなしだ。この機会に、ぜひ足を運んでみてほしい。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】

最終更新:9/13(火) 9:18

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016