ここから本文です

勝新太郎と市川雷蔵が由来の“かつライス”が大人気!

東京ウォーカー 9/13(火) 11:52配信

東映京都撮影所に近く、“映画のまち”として知られる京都・大映通り商店街にある「キネマ・キッチン」では、名優にちなんだメニュー「かつライス」(1000円)が、3000食を突破する人気となっている。

【写真を見る】満足感たっぷりの人気メニュー「かつライス」(1000円)

キネマ・キッチンは、地元NPOが運営する食堂兼カフェ。撮影機や台本など、映画ファン垂涎のグッズが展示されている他、大型スクリーンも完備している。地域の無農薬栽培農家と提携するなど、体に優しいフードやスイーツも好評だ。

「かつライス」は、俳優・勝新太郎の“かつ”と市川雷蔵の“ライ”にちなんでネーミングされた。オムライスに和風カレー、キャベツ、サクッとジューシーなカツをのせたボリュームのある一皿。

同店では、その他にもランチタイムのおばんざいバイキングや、体に優しい定食メニュー、手作りスイーツなどがそろう。17時からは居酒屋として、お酒とこだわりの一品を楽しめるのもうれしい。

太秦らしく、撮影所へのケータリングも行なっているお店なので、運が良ければ憧れの映画俳優に会えるかも!?【関西ウォーカー編集部/油井康子】

最終更新:9/13(火) 11:52

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。