ここから本文です

土屋太鳳のメニューも!梅田に雪見だいふくカフェ登場

東京ウォーカー 9/13(火) 17:20配信

大阪・梅田の阪急梅田駅改札内に、9月13日(火)から24日(土)までの期間限定で、「雪見もちもちカフェ」がオープンした。

【写真を見る】「沢山の方に癒されながら食べてほしい!」と、意気込みを語る土屋太鳳さん

「雪見もちもちカフェ」とは、ロッテの人気アイスクリーム、雪見だいふくをテーマにしたカフェで “もちもち”の雪見だいふくの世界感と、雪見だいふくを使ったスイーツが楽しめる。

なかでも注目は、女優の土屋太鳳さんが初めてプロデュースしたスイーツ「大鳳のつやつや雪見」。「食べた人が明るい気持ちになれるような、癒し系スイーツにしたい!」と、雪見だいふくをはじめヨーグルトホイップやハニーナッツ、寒天、ドライフルーツなどを盛り付けた華やかな一品だ。

もちろん、その他にも、わらびもちに雪見だいふくをのせた「雪見わらびもち」や、メロンパンに雪見だいふくを挟んだ「雪見なメロンパン」、大阪限定の「雪見だいふくモナカ」など、全8種の雪見だいふくスイーツが楽しめる。

いずれもドリンクとセットで500円とリーズナブルなので、通勤・通学の途中に立ち寄ってみよう!【関西ウォーカー編集部/横井哲也】

最終更新:9/13(火) 17:20

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。