ここから本文です

あわや心筋梗塞! 関根勤さんが心臓手術を語る「ビビっている暇もなかったです(笑)」〈dot.〉

dot. 9月15日(木)7時0分配信

 テレビ番組の健康企画で、心臓の冠動脈2本が詰まりかけていることがわかり、5月に緊急手術を受けたタレントの関根勤さん(63)さん。すっかり元気な姿を見せているが、もともと自覚症状はあったのか? ステント手術の内容は? 週刊朝日MOOK「突然死を防ぐ 脳・心臓のいい病院」で、全てを語っていただきました。

*  *  *
──5月の手術後もテレビやラジオで活躍中です。現在の体調はいかがですか?

関根:絶好調ですね。じつは手術前は舞台で激しい動きをすると、たまに息が切れてハアハアしたときがありました。でも今はそれがありません。大好きなゴルフで18ホール回った後も、疲れかたが違うんです。手術前は重い疲労を感じることがあったけど、今は軽い、心地よい疲労感になりました。

──関根さんは心臓血管が詰まる可能性のある「冠動脈狭窄(きょうさく)」でした。4月のテレビ番組「サタデープラス」の健康企画で発覚したそうですね。

関根:僕は父親が心筋梗塞をやっていたこともあって、健康には人一倍気をつけていました。酒とたばこはやらない、運動はしっかりする。そんな自分に異常があるはずないと、気楽に企画の「心臓ドック」を、小堺一機くんと受けたんです。そしたら翌日、クリニックの院長から再検査を受けるよう連絡がきました。ドキドキして行ったら、造影剤を使ったより精密な検査を受けて、3本ある冠動脈のうち2本が75%詰まっていることが判明したんです。

──驚きましたか?

関根:院長が「62歳の男性100人を無作為に抽出した場合、関根さんは4番目に悪いレベル」と言われたんです。驚きましたよ。おそらく、1~3番目に悪い人はすでに心筋梗塞で倒れているはずなので、普通にいる人の中では、僕はワーストなんだと思いました(笑)。

──いずれ自分も心筋梗塞になると。

関根:院長から「2年以内に心筋梗塞を発症する可能性が高い」と言われました。すぐに手術!と思いました。

1/3ページ

最終更新:9月15日(木)11時38分

dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

dot.(ドット)

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「dot.(ドット)」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、dot.独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。 [new]