ここから本文です

明太卵焼きで、いつものお弁当にひとひねり

東京ウォーカー 9/13(火) 21:30配信

お弁当に入っていると嬉しい、ほんのりと甘い卵焼き。甘い味付けもおいしいが、今回はピリッと辛味のきいた卵焼きをご紹介。辛味の正体は、卵焼きの真ん中に入れた明太子。おつまみにもぴったりだ。ひと手間かけたちょっぴり大人向けの卵焼きをどうぞ。

【写真を見る】卵焼きに入れるなら柔らかい万能ねぎが◎

【明太卵焼き】(1人分192kcal、塩分1.7g)

<材料・2人分>からし明太子1/2腹、卵3個、牛乳大さじ2、万能ねぎの小口切り3本分、しょうゆ、みりん、塩、サラダ油、マヨネーズ

<作り方>

(1)明太子は薄皮に切り目を入れ、包丁の背で身をこそげて薄皮を除く。

(2)ボウルに卵を溶きほぐし、しょうゆ、みりん各小さじ1/2、塩少々、牛乳、万能ねぎを加えて混ぜる。

(3)小さめのフライパンに油を薄くぬって熱し、(2)の卵液を半量流し入れる。全体に広げ、まわりがチリチリとなり、固まってきたら、中央よりやや手前、横一列に(1)の明太子をのせ、卵を手前からくるくる巻く。

(4)手前に寄せ、あいたところに再び油を薄くぬり、残りの卵液を流し入れる。手前に寄せた卵焼きを少し持ち上げ、下にも卵液を流し入れる。まわりがチリチリとなり、固まってきたら同様に巻く。

(5)食べやすく切ってマヨネーズ適宜を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 

最終更新:9/14(水) 17:53

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。