ここから本文です

スピードワゴン井戸田潤 松岡茉優似の美女との堂々デート現場をキャッチ

週刊女性PRIME 9/13(火) 12:30配信

 8月上旬の夜、都内にあるショッピングセンターの輸入食品店で周囲の視線を気にする様子もなく、“あま~い”時を過ごすカップルの姿が。

「サングラスにキャップ姿でも、すぐに井戸田潤さんだとわかりました。その日は日曜だったこともあり、まさに“堂々デート”といった感じでしたね」(居合わせた女性)

 目撃者が“デート”と言ったのも、彼の横には松岡茉優似の20代とおぼしき美女がぴったり寄り添っていたから。

「夏休み期間中だったこともあって、店内はにぎわっていたんですけど、“これいいんじゃない?”なんて囁き合いながら商品を手に取ってレジに並んでいました」(前出・居合わせた女性)

 私生活でのデート目撃。加えて、テレビ誌ライターは、井戸田の仕事面での充実ぶりも評価する。

「最近は“ハンバーーーグ!”と叫ぶハンバーグ師匠というキャラクターのピンネタでブレイクしています。相方の小沢一敬さんも、“セカオザ”の愛称で独特のナルシストっぷりがイジられるようになり、スピードワゴンはコンビで大活躍中です」

 ちなみに井戸田のデートを『週刊女性』が報じるのは今回が初めてではない─。

 昨年2月、JR目黒駅前のロータリーに黒のアメリカ車『クライスラー』で登場した井戸田が、こちらも20代と思われる女性と目黒駅から徒歩5分ほどのホテルに。

 あいにくの満室だったが、あきらめることなく、そのままほど近い別のラブホテルへ移動。

 2時間後に井戸田がひとりで車に乗り込み、女性はホテル下で車を見送ったのだった(*デートの詳細は関連記事よりご確認いただけます)。

 記事が出たあと、その女性とは連絡がとれなくなったそうで、出演するレギュラー番組では、

「お母さんからお叱りの電話をもらったことを語っていました。“次は恵比寿のシティホテルにします”と言って、スタジオを笑わせていましたよ」(前出・テレビ誌ライター)

 この経験を糧に、新しい彼女をゲットといったところだろうか? 

 スポーツ紙記者は、井戸田がここ数年、“新たな恋”の目撃が増えた要因をこう分析する。

「'05年にデキ婚した安達祐実さんですが、井戸田さんの浮気が原因で'09年に離婚。子どもの親権は安達さんに。井戸田さんはしばらくこのことに傷心のようでしたけれど、彼女のほうは'14年に2歳上のカメラマン、桑島智輝氏と再婚しました」

 さらに今年7月29日に安達はブログで、長男が生まれたことを報告。新夫と着々と新しい家庭を築いている様子をうかがわせた。

「新しくアカウントを開設したインスタグラムに、生まれた長男との写真をアップしたりしていますね。また9月2日には安達さんのLINEスタンプも発売になったりと公私ともに順調のようです。そういったものを見てきて、井戸田さんも吹っ切れたのでは?」(前出・スポーツ紙記者)

最終更新:9/13(火) 13:09

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12月6日発売
号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。