ここから本文です

香取慎吾、モチベーション低下が原因で「来年以降、新しい仕事がまったく入っていない」

週刊女性PRIME 9/13(火) 22:30配信

 

 ファンの願いとは裏腹に、SMAP解散に向けての動きは着々と進んでいる。5人がソロとなる来年は、テレビの世界が様変わりしてしまいそうだ。

「香取さんには来年以降、新しい仕事がまったく入っていないそうです。仕事に対してのモチベーションがなくなってしまったことが原因だというのですが……。

 このままの状態が続けば、来年は事務所と契約更新をせずに退所、芸能界引退ということも考えられます」(芸能プロ関係者)

 事務所を追い出される形になったI元マネージャーを母のように慕っていた香取は、いまだに立ち直れていないと言われている。

「橋下徹氏をゲストに迎えた9月5日放送の『SMAPxSMAP』(フジテレビ系)では、香取さんも以前よりは明るい表情を見せていました。

 笑いも生まれていましたが、相変わらずスタジオに客を入れないままで撮影を行っています。ギクシャクしていることには変わりないですね」(テレビ誌ライター)

 バラエティーだけでなく、異変はドラマにも及ぶ。俳優として実績のある草なぎにも逆風が吹いている。

「草なぎさんは来年1月クールの火曜10時枠ドラマでの主演が決まっています。でも、制作側が話を詰められないでいるんです。プロデューサーが連絡しても、マネージャーからすぐに返事が返ってこないんだそう。

 これまでのIさんだったら決定権を持っていたので、すぐにレスが来ました。その流れでIさんと打ち合わせをすればすんだのですが、新マネージャーは決定権を持っていません。

 ですから、どんなことでも“J副社長に相談します”という話になってしまうので、どんどん先送りになってしまいます」(テレビ局関係者)

 しかし、J副社長は忙しくて担当マネージャーと会って話をする時間もないというのだ。いたずらに時間だけが過ぎていく……。

「同じ1月クールでは日曜劇場で木村拓哉さんが主演します。こちらはストーリーが決まっていますが、草なぎさんのドラマはまだ本筋の部分が二転三転していて……。

 “本当に12月のクランクインに間に合うの?”と現場からも心配の声があがっています」(前出・テレビ局関係者)

 SMAPの名が消えてもメンバーそれぞれの活動を邪魔する権利は誰にもない。

最終更新:9/13(火) 22:30

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。