ここから本文です

巨人・坂本と広島・鈴木、初づくしの首位打者タイトル争い。25年前カープV時は古田・落合でデッドヒート

ベースボールチャンネル 9/13(火) 6:50配信

巨人・坂本、セ遊撃手初の首位打者獲得なるか

 今季のセリーグ首位打者争いが佳境に入った。セリーグでは11年の長野久義(巨人)以来、5年ぶりに日本人の右打者がタイトルを獲得する勢いだ。11日の試合終了時点でのセリーグ首位打者ベスト5は以下の通りとなっている。

◆セリーグ首位打者ベスト5(11日試合終了時点)
1位 坂本勇人(巨人).347
2位 鈴木誠也(広島).333
3位 菊池涼介(広島).3239
4位 山田哲人(ヤクルト).3235
5位 筒香嘉智(DeNA).317

 現状では.347というハイアベレージを誇っている巨人の坂本が本命。一方、2位の広島・鈴木もここまで.333という数字を残しているだけに、シーズン終了まで目が離せない。

 昨季は.269と低迷した坂本は、今季は一転、開幕から安定した成績を残している。4日の中日戦(東京ドーム)で自打球を当てた影響により4試合連続でスタメンを外れたが、8日の阪神戦(甲子園)では代打で登場し、勝負強さを発揮。0-1で迎えた8回1死1、2塁の場面で左翼席へ逆転3ランを放っている。坂本にとってプロ10年目で初の代打本塁打となった。

 今季、坂本が首位打者を獲得すれば、セリーグの遊撃手では初ということになる。パリーグでは54年のレインズ(阪急)、56年の豊田(西鉄)、10年の西岡(ロッテ)と3人が首位打者となっているが、セリーグでは誰一人、達成していない。

 また、残り14試合で打率3割5分に到達し首位打者を獲得すれば、巨人の右打者としては、61年に長嶋茂雄が.353を記録して首位打者になって以来55年ぶりの快挙となる。2年連続でリーグ優勝を逃した巨人にとって、クライマックスシリーズからの逆襲を狙うには、坂本がチームをけん引し続けなければならない。

過去にもあった右打者同士のし烈な争い

 プロ4年目の広島・鈴木は現在、打率.333でリーグ2位。得点圏打率は坂本を上回る.347でリーグ6位の成績だ。逆転での首位打者を目指すには、残り11試合でとにかく安打を重ねていくしかない。

 今季は6月17日のオリックス戦(マツダ)の延長12回、プロ初のサヨナラ本塁打を放つと、翌18日には、2点を追う9回1死1、3塁の場面で左中間席へ逆転サヨナラ3ラン。緒方監督が「神ってる」と表現し、話題となった。

 2試合連続のサヨナラ本塁打は史上10人目。球団では2人目となり、84年に長嶋清幸が記録して以来32年ぶりの快挙達成となった。

 昨季は97試合の出場で打率.275を残した鈴木は今季大ブレイク。優勝を決めた10日の巨人戦(東京ドーム)でも2本塁打を放ち、強烈な存在感を見せた。広島東洋カープ25年ぶりの優勝は、この男なくしてはなし得なかったであろう。

 そのカープが優勝した25年前の91年にも、激しい首位打者争いが繰り広げられた。当時プロ2年目のヤクルト古田敦也と、中日・落合博満の2人だ。

 当時、古田は落合に4厘差で首位打者に立っていたため、リーグ最終戦を欠場する予定だったが、落合がナゴヤ球場で行われた広島との最終戦で6打数5安打を放ち、1厘差で古田を追い抜き、トップに立った。

 このため、古田は欠場予定だった最終の広島戦(神宮)に3番捕手でスタメン出場。第1打席に広島・足立亘から三遊間を抜く安打を放ち、この時点で.341で再びトップに躍り出る。

 古田は2打席目も立ったが、結果は三振。その後ベンチに退いた。打率は.3398とわずか3毛差で落合(打率.3395)を振り払い、捕手としては、当時ヤクルトの監督であった野村克也が南海時代の65年に記録して以来26年ぶり2人目。セリーグでは初となる首位打者捕手の誕生となった。

 日本人の右打者による首位打者争いはここ数年では珍しいケースだ。坂本がこのままトップの座を守り抜くか、はたまた“神ってる”男・鈴木が驚異的な追い上げを見せるのか、どちらが制しても初の栄冠となる。熱いバットマンレースは、最後まで続きそうな予感だ。

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/13(火) 10:35

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ