ここから本文です

赤リップをこなす☆ヌケ感・ツヤ感・立体感の3つの塗り方 [with]

講談社 JOSEISHI.NET 9/13(火) 17:01配信

今季は赤リップが大豊作! マットな赤、ツヤツヤの赤、渋めの赤などなど、人気ブランドから続々と登場しています。旬な今だからこそ、普段使いで使える3つのテクニックを紹介!



A ヌケ感ある雰囲気が作れる「直ぬり山ぼかし」

カジュアルに赤リップをこなしたいとき、とくに役立つのがこのテク。上唇のエッジを指で叩いてぼかすことで、ラフな雰囲気に。

1.下唇のみにしっかり口紅を直ぬりしたら、上下の唇をこすりあわせ全体に色を広げる。最後にならすのでムラになってもOK。
2.唇の山がしっかりしているとクラシカルになりすぎてしまうので、指先でぼかすよう、全体を軽く叩いてなじませる。

B 濃厚なツヤで赤リップをデイリーに。「リップクリーム重ねぬり」

柔らかいテクスチャーのリップクリームを上から重ねる。これは、ビビッドすぎる赤リップをまろやかにしたいときに取り入れて。

1.まず鮮やかな発色の口紅を直ぬり。上からリップクリームを重ねるから、たっぷりぬりすぎるとヨレやすくなるので注意。
2.リップクリームを指先に少量つけ、唇の中央に重ねる。ムラにならないようそっと、唇の表面を指先でならすような感覚で。

C ぷっくり、立体的な唇になりたいなら「リキッドお手軽ぬり」

立体的な唇はツヤとフォルムが決め手。リキッドリップのチップのへりをうまく使って輪郭をとれば簡単&キレイな仕上がりに。

1.まず、下唇のエッジを際立たせる。チップのヘリを口角から下唇の中央に向かってすべらせる。反対側も同様に行う。
2.チップの先端で上唇の山部分をあらかじめ描いておき、上唇も口角から唇中央にチップをすべらせる。反対側も同様に。



with2016年10月号より

最終更新:9/13(火) 17:01

講談社 JOSEISHI.NET