ここから本文です

渡辺 謙自らが語る、群像ミステリー『怒り』の見所とは?

MEN’S+ 9/13(火) 17:24配信

2016年9月17日(金)より全国ロードショー前に

 いろいろ語る必要はないかもしれません。この渡辺 謙のインタビューにより、この映画『怒り』の魅力を語りつくしていますので…。それは、いくつかある魅力の一辺にすぎないかもしれません。しかし、その物語で主役を演じたからこそ体感した、リアルなストーリーのトゲを我々に教えてくれるいるように思えます。これを聴けば、誰もが観たくてたまらなくなるはずでしょう。ぜひ、このスペシャルインタビューから、映画『怒り』のトゲに刺さってみてください。
 
 作家・吉田修一の原作を映画化した『悪人』で、国内外で高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した群像ミステリードラマになります。日本を代表する屈指の名優・渡辺 謙を主演に、森山未來、松山ケンイチ、広瀬すず、綾野剛、宮崎あおい、妻夫木 聡等、日本映画界トップクラスの俳優たちが共演しています。 
 
 犯人未逮捕の殺 人事件から1年後、千葉、東京、沖縄という3つの場所で、それぞれ前歴不詳の男が現れたことから巻き起こるドラマを描いています。東京・八王子で起こった残忍な殺人事件で、その犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形してどこかへ逃亡した…。それから1年後、千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺 謙)と娘の愛子(宮崎あおい)の前に田代(松山ケンイチ)という青年が現れ、東京で大手企業に勤める優馬(妻夫木 聡)は街で直人(細野 剛)という青年と知り合い、親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉(広瀬すず)は、無人島で田中(森山未來)という男と遭遇するのでした…。

【渡辺 謙自ら映画『怒り』の魅力を語るインタビュー動画を見る!】

豪華キャスト陣による刺すような演技に魅了されてください。

【ストーリー】
八 王子で起こった、夫婦殺人事件。その犯人は誰なのか…。現場には「怒」の血文字は残されてい た。顔を整形し、全国に逃亡を続ける犯人の行方はわからぬまま、1年の月日が流れたのでした。物語は3つのストーリーで展開されます。千葉の漁港で暮らす 洋平(渡辺 謙)と愛子(宮崎あおい)の親子の前に現れた田代(松山ケンイチ)。東京の大手企業に勤める優馬(妻夫木 聡)が、街で偶然出会った直人(綾野 剛)。沖縄の女子高生・泉(広瀬すず)が、無人島で遭遇した田中(森山未來)。前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのではないか? 共にいる者 は、相手を信じていたい…。互いにそう願うなか、驚愕の結末が突きつけられるのでした。

監督 & 脚本:李 相日
原作:吉田修一(中央公論新社刊)
音楽:坂本龍一
出演:渡辺 謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野 剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮崎あおい、妻夫木聡他

メンズ・プラス編集部

最終更新:9/13(火) 17:24

MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!

Yahoo!ニュースからのお知らせ