ここから本文です

AI、『コウノトリ大作戦!』吹替版主題歌担当に 「赤ちゃんが生まれた時の感情を歌ってます」

リアルサウンド 9/13(火) 6:00配信

 『モンスターズ・インク』『トイ・ストーリー』のアニメーターを務めたダグ・スウィートランドの監督作『コウノトリ大作戦!』の日本語吹き替え版主題歌を、AIが担当することが決定した。

 本作は、”コウノトリが赤ちゃんを運んでくる”という寓話をもとに描かれるアニメーション映画。“コウノトリ宅配便社”は、小包の配達を仕事としており、昔起きた大事件が原因で、赤ちゃんの配達を厳しく禁止していた。そんな中、とある手違いから、エース配達員のジュニアは会社に内緒で赤ちゃんを人間に届けようと決意するが――。監督は、『ファインディング・ニモ』のダグ・スウィートランドと『ネイバーズ』のニコラス・ストーラーの二人体制。また、日本語吹替版の声優をお笑い芸人・アンジャッシュのふたりが務める。

 このたび、本作の日本語吹替版に決まったAIの「HEIWA」は、2015年8月28日に3150グラムの元気な女の子「平和ちゃん」を出産した彼女を祝い、海外のプロデューサーがAIへプレゼントした楽曲。主題歌となった背景について、AIとワーナーブラザーズの担当者よりコメントが寄せられた。

■AI(日本語吹替版主題歌)コメント
この曲が「コウノトリ大作戦!」の主題歌になったことは運命だと思ってます。
本当にぴったりすぎて嬉しい!!
この曲は私にとってすっごく大切な曲で自分の曲の中でも歌ってて一番泣けてくる曲かもしれません。
本当に自分の赤ちゃんが生まれた時の感情をそのまんま歌ってます。
子供への想いがいっぱい詰まった曲です。
是非、映画とともに想いを込めまくったこの曲も聴いてくださいね!!

■「HEIWA」の起用理由(ワーナー・ブラザース映画)
 本作は子供たちに楽しんでもらえるコミカルな要素が満載ですが、様々な「家族愛」の形を伝えてくれる映画でもあります。「HEIWA」には、その制作された背景を含め、この映画のために生まれた作品かと思うほど、運命的な出会いを感じました。弊社としては異例の日本版主題歌で、映画本編のラストシーンからAIさんの歌声を乗せています。子供たちへの想いがいっぱい詰まった「HEIWA」に、この作品の最後のストーリーを飾って頂けて、本当に光栄です。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/13(火) 6:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。