ここから本文です

今季初黒星のバルサに芽生えた小さな懸念 地元紙が主力不在のスタメンで指摘したのは…

Football ZONE web 9/13(火) 9:08配信

アラベスにまさかの1-2敗戦 先発にわずか一人だった下部組織出身者

 バルセロナは現地時間10日のリーガ・エスパニョーラ第3節アラベス戦に敗れて、今季公式戦初黒星を喫した。スペイン紙「マルカ」が敗戦以上に気になるトピックスとして、“下部組織ひと筋”で育った選手がスタメンにわずか一人しか名を連ねなかったことだと報じている。

歴代の名手が勢揃い! バルサが売却した「高額移籍金選手トップ10」

 この日のバルセロナは国際Aマッチウィーク明けで、負傷が癒えた直後のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、そしてウルグアイ代表FWルイス・スアレスをベンチに温存させた。しかし試合は前半39分にDFデイヴェルソンに先制点を許し、後半開始直後にフランス代表DFジェレミー・マテューのヘディング弾で同点に追いついたものの、同19分にアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノのミスが絡んで再び勝ち越し点を許した。

 ルイス・エンリケ監督はその後、イニエスタ、メッシ、L・スアレスを投入したものの得点を奪えないまま勝ち点を落とした。同紙は敗因を「指揮官の過信」と指摘しつつも、長期的に見た場合に“自前の選手の欠如”があるのではないかとしている。

 この日、バルセロナのスタメンに名を連ねたのは以下の通りだ。

GK:シレッセン
DF:ディーニュ、マテュー、マスチェラーノ、アレイクス・ビダル
MF:ブスケッツ、ラキティッチ、D・スアレス
FW:アルダ、ネイマール、アルカセル

20代前半の新加入選手が多い一方で…

 このうちD・スアレスはバルセロナのBチームに所属した経験があるものの、厳密な意味でのクラブの下部組織、通称「ラ・マシア」の卒業生ではないとしている。11人の中で一貫した下部組織出身者はMFセルヒオ・ブスケッツの一人のみという状況で、キックオフの時を迎えていたことになる。

 もちろん「ラ・マシア」の傑作であるメッシとイニエスタがベンチに控えたというエクスキューズはつくものの、今夏にはスペイン代表FWパコ・アルカセルを獲得するために下部組織出身のFWムニル・エル・ハダウィをバレンシアへと期限付き移籍させた。また今夏のバルサはD・スアレスを含めて20代前半の新加入選手が多い一方で、下部組織からの昇格が難しくなっているのも事実だ。

 クラブの強化担当を務めるロベルト・フェルナンデス氏は数年後に新世代の選手たちが中心になると主張しているが、レアルびいきの同紙が指摘した現チームの小さな懸念は、このまま解決されぬまま進んでいくのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:9/13(火) 9:08

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。