ここから本文です

【9月13日~15日 セ・パ展望】セCS3位を懸けた2連戦。下位相手に負けられないソフトバンクと日本ハム

ベースボールチャンネル 9/13(火) 14:56配信

<セリーグ>

4位・ヤクルト(8勝)-3位・DeNA(13勝) 神宮

 CSを争う両者の直接対決だ。逆転進出を狙うヤクルトがDeNAをホームに迎える。6日から8日まで敵地で行われた同カードでは負け越しただけに、リベンジしたい。初戦の先発は右のエース・小川が上がる。小川は前回のDeNA戦では5回4失点で降板している。今回は中5日での登板とスクランブルになるが、持ち味を発揮できるか。2戦目は同じく中5日で石川か。こちらも、前回は結果を出せなかった。打線は日曜日の試合で完封負けするなど、状態がやや心配される。相手先発が左腕の今永だが、どう奮起できるか。

 DeNAはここで2つ取ってCS進出に前進させたい。初戦の先発は今永が立つ。今季のヤクルト戦は1勝を挙げており、登板間隔をずらして勝負にきた。2戦目は井納になりそうだ。ヤクルト戦は今季3敗を喫していたが、前回登板で9回1失点完投勝利を挙げている。144球を投じたが、通常より1日登板間隔を多くあけて臨む。このコンディションの違いが影響するかもしれない。打線は筒香、宮崎の4、5番の状態が良く、6番の梶谷が絶好調だ。1、2番で形さえ作れば、得点は見込めるはずだ。連敗さえしなければいいという優位性を生かせば、連勝もあり得ない話ではない。


【セリーグの残りの試合】

 13日 中日―広島 ナゴヤドーム

 14日 中日―巨人 ナゴヤ
    阪神―広島 甲子園

 15日 広島―巨人 マツダスタジアム    
    阪神-DeNA 甲子園(3連戦)

<パリーグ>

1位・日本ハム(14勝1分)-6位・オリックス(6勝1分) 札幌ドーム

 首位・日本ハムはホームで最下位オリックスを迎える。オリックス打線は好調をキープしているので、締めてかかりたい。初戦の先発は大谷と発表されている。中5日での登板となるが、次週21日からソフトバンクとの天王山(2連戦)があるので、ここでしっかりと調整して決戦に備えたい。2戦目は有原、3戦目は増井か。次週を睨んでの先発となるはずで、栗山采配が注目される。打線は1番の西川が好調を維持し、本塁打部門でリーグトップに立つレアードもいい。4番の中田も、ここ一番では打ってくれるはずだ。やや全体の調子は落ち着いてきたが、オリックスの投手陣はそれほど好調ではない。序盤でケリをつける展開に持っていきたい。

 オリックスは前週、ソフトバンクに4戦3勝、ロッテ戦で勝つなど、上位陣を苦しめている。首位相手にも気持ちは乗っているはずだ。初戦の先発は西が上がる。前週は得意のソフトバンクを相手に7回1失点と好投し、気をよくしている。3戦目は松葉が先週に引き続き先発するだろう。打線は、T-岡田、糸井が好調をキープ。中島の調子が落ちてきたが、一発があるなどやはり怖い存在だ。純国産打線を組んでから怖さが出てきた。先発陣さえ踏ん張れば、互角に戦えるはずだ。


4位・楽天(7勝1分)-2位・ソフトバンク(14勝1分) Koboスタ宮城

 楽天が2位・ソフトバンクを迎えるが、初戦は中止が発表されている。打線は空中戦に強く、怖さともろさを見せているが、ソフトバンクに一矢報いることができるか。また2番にぺレスを置くなど、梨田監督の采配も奇抜で実に見ごたえがある。

 ソフトバンクは11日に連敗を3で止めた。この10試合5勝5敗と五分だが、得意の楽天相手には一つも星を落としたくない。打線は、これまで書き続けてきたが、柳田がいないなかでどういう組み方をするか注目だ。この2戦は中村を3番起用。内川へのつながりを意識した。その分、1番打者が手薄になる点をどう補うか。今宮を推したいが、どんな組み方をしてくるか、工藤監督の采配も見ものだ。チームの状態は良くないが、日本ハムとの決戦がある来週あたりには状態を上げなければいけない。


【パリーグ残りの試合】

 14日 ロッテー西武 QVCマリン

 15日 楽天―ロッテ Koboスタ宮城


氏原英明

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:9/13(火) 15:31

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ