ここから本文です

アメリカでもっともファッショナブルな都市が判明!

ハーパーズ バザー・オンライン 9/13(火) 21:44配信

およそ70年以上にわたってファッションウィークが開催され、世界のファッションの中心地として君臨してきたニューヨーク。その“アメリカでもっともファッショナブルな都市”の座に陰りが! 新しい研究によると、この称号はロサンゼルスに与えられることがわかった。

セレブたちのスタイル比較: ロサンゼルス VS ニューヨーク

この研究では、アメリカの100以上の都市を調査。ビジネスレビューサイトYelpを通してファッション関連の会社の数を調べ、住宅用不動産サイトTruliaの協力により、その数を世帯数で割った。後者にはドレッシングルームなどのファッション関連の不動産も含まれている。
その結果、ロサンゼルスがトップに、次点がニューヨークに、3位はアナハイムとなった。

デザイナーたちもそのムードを察してか、西部でイベントを開催している。トム フォードやジェレミー・スコットはLAでショーを実施しているが、このトレンドはアメリカ人デザイナーたちの間だけにとどまらない。ステラ マッカートニーやサン ローランも今年LAでショーを開催。ステラは2016年プレフォールをアメーバ ミュージックで、エディ・スリマンはハリウッド・パラディウムで2016年秋コレクションを発表した。

最終更新:9/13(火) 21:44

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。