ここから本文です

広島カープ優勝!緒方監督を支えた愛娘たちの“激励手紙”

女性自身 9/13(火) 0:00配信

「カープでの優勝は主人だけでなく私たち家族の夢でもありました。それが叶うことは本当に嬉しいです」

 広島カープ25年ぶり優勝の喜びをこう語るのは、緒方孝市監督(47)の妻・かな子さん(43)。91年に中條かな子として芸能界デビューし、グラドルとして“学園祭の女王”と称される人気ぶりだったかな子さん。96年に結婚し3児の母となった彼女は、現在も地元・広島を中心にタレント活動を続けている。タレント業に、子育てママ、監督夫人という3足のわらじ。多忙な生活について改めて聞くと、彼女は照れ笑いを浮かべてこう答えた。

「私は、どんな監督夫人よりも大したことをしていないと思います(笑)。だってできないことがあればまわりを頼ることにしていますから。子どもたちは上から長女が大学生、次女が高校生、長男は小学生。私が仕事で忙しいとき、食事は料理の得意な次女が手伝ってくれました。長女には長男の幼稚園送迎をやってもらったりもしていました。だから監督の奥さんとしてちゃんとできているか、自信はないんです(笑)」

 そんなかな子さんに、普段は無口な夫が相談してきたことがあった。それは、17年前。広島カープから移籍できるFA権を獲得した夫に、他球団から移籍のオファーがきたのだ。まだ現役選手で打率は2年連続3割越え。本塁打は自己最多の36本と大活躍した年だった。

「このころ、主人はいちばん悩んでいました。他の球団から給料面でも破格の待遇を提示がありました。優勝にこだわっていたこともあり、優勝を狙える可能性の高いチームへ移ったほうがいいのではないかと揺れたようです。でも最後には『俺は他の球団ではなく、カープで優勝したいんだ。ずっと一緒に練習してきた仲間、支えてくれた裏方さん、応援してくれたファン。そのみんなと一緒に優勝したい』と言って、残留を決めたんです」

 以来、カープでの優勝は家族の悲願に。09年オフに現役を引退。選手として優勝の夢はかなわなかっかたが、その後も球団に球団コーチとして残り、カープでの優勝を目指し続けた。そして昨シーズンに監督へ就任。だが1年目の昨季は4位に終わってしまう。ファンを裏切ったかたちになり、緒方監督は批判の矢面に立たされた。

「主人にとって、つらい年だったと思います。さきほど言ったように家で野球の話をしない人なのですが、悩んでいるのはわかりました。他の人から見れば分からないかもしれない。でも、私には痛いほどわかりました。だから新聞などで批判の記事が出ると、娘たちも心配して、『パパ、こんなこと書かれて可哀そう。落ち込んでいるかもしれないから、手紙でも書いてあげないとね』と話すようになっていました。それで折に触れて、私と娘2人のうち誰かが手紙を書くようになったんです」

 パパが元気になりますように――。娘たちの “激励手紙”は、机の上にそっと置かれていた。返事はいつもなかったが、朝起きると必ず手紙は消えていたという。

最終更新:9/13(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。