ここから本文です

日中30分程度の外出ならエアコンはつけっぱなしのほうがお得らしい

@DIME 9/13(火) 8:10配信

ダイキン工業は、空気のプロとして空気にまつわる課題や悩みごと、素朴な疑問を検証する『ダイキン空気のお悩み調査隊』の活動を2011年6月より継続している。今回は、昨今話題となっている「エアコンをつけっぱなしにするのとこまめに入り切りするのでは、どちらが安くなるの?」をテーマに検証を行なった。

夏場のエアコン利用に関する生活者アンケートを行なったところ、約7割の人が「つけっぱなしの方が電気代が安い」と考えていることがわかった。しかし、実際に外出時にエアコンのつけっぱなしを実践している人は約5割にとどまり、本当につけっぱなしの方が安いのか疑問を持っている人が多いようだ。そこで、調査隊が大阪市内のほぼ同じ条件のマンション2部屋を使って実際にエアコンを「つけっぱなし」、「こまめに入り切り」で運転し、検証した結果をまとめた。

1.実証実験の概要

(1)「つけっぱなし」の方が消費電力が小さくなる時間帯を探る!
9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、30分間隔でON/OFFを繰り返したエアコンの消費電力量を比較し、「つけっぱなし」の方が安くなる時間帯を調べた。

(2)1日の想定生活スケジュールで、「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」の消費電力量を比較する!
1日の生活スケジュールを想定して、9:00から23:00まで「つけっぱなし」にしたエアコンと、外出時に運転をOFFにしたエアコンの消費電力量を比較した。

2.実証実験の結果

(1)日中9:00~18:00までの時間帯は、30分間であれば、エアコンを切らずに「つけっぱなし」にする方が電気代が安くなった。

(2)想定した1日の生活スケジュールで「つけっぱなし」にして運転すると、外出時に運転をOFFにするよりも1日の消費電力の合計が大きくなった。(1日の電気代差は約35円)

3.ダイキンからのアドバイス

多くの人がエアコンを「こまめに入り切り」するよりも「つけっぱなし」の方が安いと考えているようだが、実際は環境によって大きく左右されるため、どんなときでも当てはまるわけではない。今回の実験条件では、日中の気温が高い時間帯の30分程度の外出であれば、「つけっぱなし」の方が安いという結果となった。

また、エアコンを「つけっぱなし」にした部屋と「こまめに入り切り」した部屋の温度と湿度を比較したところ、「こまめに入り切り」した部屋の運転をOFFにした後の温度、湿度はともに高く、快適性に大きな差があることもわかった。熱中症が気になるこの季節、今回の実験結果を参考に、電気代や快適性を考慮して日中の短時間の外出であればエアコンを「つけっぱなし」にしてみるなど、「つけっぱなし」と「こまめに入り切り」を上手に使い分けよう。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:9/13(火) 8:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。