ここから本文です

広島カープ緒方監督を変えた妻かな子さんの信頼構築会話術

女性自身 9/13(火) 0:00配信

「主人は選手のころから無口で、家でも野球の話を一切しませんでした。だから現役時代も監督になった今も、私たち家族はテレビや新聞で初めてカープの情報を知るくらいです」

 と語るのは、緒方孝市監督(47)の妻・かな子さん(43)。91年に中條かな子として芸能界デビューし、学園祭の女王と称される人気ぶりだったかな子さん。広島カープを25年ぶり優勝へ導いた夫と結婚したのは96年。以来、3児の母として家庭を切り盛りしてきた。

現役時代の緒方監督は、走攻守3拍子そろった好打者として知られた。だが派手なスター選手というタイプではなく、努力と猛練習で這い上がったいぶし銀のような選手だった。彼女は、家庭では無口だという夫へのサポートについてこう明かす。

「いつも主人の表情を見て、そのとき必要な栄養が摂れる料理を心がけてきました。疲れているなと思ったら、酢の物や豚肉料理。冬の風邪予防には、ビタミン豊富な食材でシチュー。夏バテの時期にはお肉に大葉と大根おろしを添えて、あっさりしていてもしっかり栄養が取れる献立を工夫しました」

そんな無口な監督を変えたのは、食生活面での支えだけではなかった。かな子さん自身も妻としての観点からこんなアドバイスをしていたという。

「選手時代の主人は、寡黙でも成績を出せばよかった。けど監督は選手の話をちゃんと聞いて理解してあげないといけないですよね。だから私は人の話を聞く練習になればと思い、あえて子どもへの接し方を主人に話すようにしました。たとえば子どもたちを叱るにしても性格が違うじゃないですか。だから『みんな同じように叱っても、パパの気持ちは伝わらないよ』と言ったりしました。その効果でしょうか、これまでは『言わなくても察しろ』みたいな態度でしたが、最近は少しずつ自分の気持ちを話してくれるようになりました」

 実際、今季になってからの緒方監督は家庭だけではなく、チーム内でも選手やスタッフと話す場面が増えたという。

「昨季の監督は、選手とのコミュニケーションをコーチに任せていて、自分で直接話しかけることはあまりありませんでした。ところが今季は監督自ら気になる選手に声を掛けて、いろいろ話しているので驚きました。特にミスした選手には『期待しているから頑張れ』と励ましたりするなど、精神的なケアも万全。監督は『言うだけではダメ、選手の気持ちを理解してあげないと伝わらないと痛感した』とも話していました。こうした監督の努力のおかげで、選手たちとの信頼関係も築けたのでしょう。今季のチームワークは最高でした。それが優勝の原動力になったのは、間違いないと思います」(広島担当記者)

変貌を遂げた夫について、かな子さんはこう目を細める。

「優勝は、本当に嬉しいです。主人は選手のときからとにかく努力をする人でした。それは、今も変わりません。だからその努力がやっと報われると思うと、近くでずっと見守ってきましたので……」

あふれる思いで最後は言葉にならなかった。そんな美しい賢妻・かな子さんの期待に応えるためにも、緒方監督は“日本一”という次なる夢へとまい進していく――。

最終更新:9/13(火) 0:00

女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2717号・2月23日発売
毎週火曜日発売

定価400円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。