ここから本文です

誰もが自分の14歳と重ね合わせたくなる、ひと夏の冒険『グッバイ、サマー』 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 9/13(火) 20:00配信

14歳。子どもから大人へと急激に成長するこの時期に、「大人になったら絶対にできない」とんでもない挑戦を経験した人は多いはず。この映画の二人の少年、ダニエルとテオもその典型的な例。学校の夏休みに、彼らは自分たちの手作りの「車」で旅に出ることを決意するのです。しかも車体は「ログハウス」風。その中で寝泊まりしながら、二人は愉快な旅を続けていきます。

監督のミシェル・ゴンドリーは、『エターナル・サンシャイン』など、ヒネリの効いた作風が持ち味。でも今回は自分の過去をヒントに脚本を書いただけあって、ストレートでみずみずしい少年の成長ストーリーになっています。かわいい女の子にも想いを抱くけど、同性の頼りになる友人にもあこがれる、そして相手のピンチを全力で救ってあげる……。絶妙なエピソードの数々で、思春期の少年同士の微妙な心理がすくい上げられていきます。

二人の外見や性格が、真逆(一人は女の子に間違えられるほど!)なので、どちらかに熱く共感してしまう確率が高い本作。演じる少年たちも役と一体化していますが、あの『アメリ』のオドレイ・トトゥが母親役というのは、時の流れを感じさせます。
「30年後に会ったとき、あのとき、夢を諦めなかったと言いたい」。劇中のそんな名セリフが象徴するように、ずっと前に十代を過ごした大人の観客は、きっと、それぞれのひと夏の冒険を重ね合わせ、ホロ苦く胸を締めつけられることでしょう。名作『スタンド・バイ・ミー』のように……。



『グッバイ、サマー』 YEBISU GARDEN CINEMA、新宿シネマカリテ他、全国ロードショー中

最終更新:9/13(火) 20:00

講談社 JOSEISHI.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革