ここから本文です

落とした食べ物の「5秒ルール」はウソ:研究結果

WIRED.jp 9/13(火) 22:20配信

米ラトガース大学の研究チームは、複数の素材からなる床といくつかの食べもの、その落下方法や接触時間を分析し、床に落ちた食べものは5秒とかからず簡単に汚染されうることを証明した。それどころか、場合によっては1秒未満で汚染されることもあるようだ。

【4年前の研究結果】「3秒ルール」だったら...?

われわれへのささやかな慰めとして、研究チームは、今回の研究により誤りを暴かれた「5秒ルール」の背景にある、より一般化された考え、つまり「汚染された表面との接触時間が長くなればなるほど、汚染は拡大する」ということは正しいと述べている。

「われわれのデータは、接触時間が実際に細菌の伝播に影響を及ぼし、時間が延びれば伝播される細菌が増えることをはっきりと示した」と食品科学者のロビン・ミランダとドナルド・シャフナーは、学術誌『Applied and Environmental Microbiology』に報告している。

だが研究チームは、「食品および表面の特質など、ほかの要因は同等かそれ以上の重要性をもっている」と結論づけている。そして最終的に、「一部の伝播は1秒未満に起こる場合もあり、『5秒ルール』は誤っている」としている。

▼2500回の測定からわかったこと

5秒ルールの真偽に関しては、これまでにも小規模な研究や実験がいくつか行われてきた。これらの研究も、特定の表面上に落ちた食べものは、5秒未満で汚染されうることを証明してきた。しかし、今回の研究論文の執筆者たちの目的は、5秒ルールの真偽を「幅広く包括的に」確認し、交差汚染の要因を完全解明することだった。

研究チームは、ブロックに切ったスイカとパン、バターを塗ったパン、グミを、汚染されたステンレス、木材、セラミックタイル、カーペットのいずれかの表面上に12.5cmの高さから落とした。

それぞれの床は、「エンテロバクター・アエロゲネスB199A」という細菌を含んだ2種類の乾燥培地用緩衝液のどちらか一方でコーティングされた。エンテロバクターアエロゲネスは無害ではあるが、一般的な食品病原体であるサルモネラの付着能を模倣する。

各食品は、1秒未満、5秒、30秒あるいは300秒のいずれかの時間枠で放置された。それぞれの条件は20回繰り返され、結果的に合計2560回に及ぶ測定結果がもたらされた。

個々の変数によって、落とされた食品に対する細菌の伝播率は変化した。概して最も伝播率が高かったのは、タイルとステンレスだった。木材の伝播率は食品によって異なる一方、カーペットについては、その上に落ちた食べものへの細菌の伝播が最も起こりにくかった。

表面が滑らかで水分を多く含むスイカでは、床から汚染を吸い上げる効果が最も大きかった。反対に、グミキャンディーは、最も汚染に抵抗することができた。

BETH MOLE

最終更新:9/13(火) 22:20

WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.26』

コンデナスト・ジャパン

2016年12月10日発売

630円(税込み)

特集:新しい映像。新しい物語。ヴィジュアル・ストーリーテリングの新時代を伝える「WIRED TV」特集。映像はいま何を語り、どんな体験をもたらしうるのか。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。