ここから本文です

ドルトムント、国内サッカークラブの中で”トップブランド”。大学が独自調査

フットボールチャンネル 9/13(火) 8:00配信

 ドイツ・ニーダーザクセン州にあるブラウンシュヴァイク工科大学が調べた調査によると、ドイツの全サッカークラブの中でドルトムントが最もブランド力の高いクラブのようだ。12日にドイツ紙『デア・ヴェステン』が報じている。

欧州主要チームの新戦力を分析 16/17移籍情報  獲得・放出選手一覧

 同紙によると、クラブの評判や認知度などからブランドインデックス値を設定(最大値は100)。それを踏まえて計算すると、ドルトムントが66.43ポイントでトップとなり、続いてバイエルン・ミュンヘンが59.43ポイントで2位。ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)が56.18ポイントで3位と続いている。

 4位には宮市亮が所属するドイツ2部のザンクトパウリが入った。ランク外とはなったが、2009年にクラブが創設され7年間でブンデスリーガに昇格してきたRBライプツィヒが急激に認知度と人気が上昇しているとのこと。ドイツ・サッカークラブのブランド力ランキング(ブラウンシュヴァイク工科大学調べ)は以下の通り。

【ドイツ・サッカークラブのブランド力ランキング(ブランドインデックス値)】
1位 ドルトムント(66.43)
2位 バイエルン(59.43)
3位 ボルシアMG(56.18)
4位 ザンクトパウリ(53.66)
5位 ケルン(53.13)
6位 ブレーメン(52.32)
7位 シャルケ(51.73)
8位 ハンブルガーSV(49,50)
9位 SCフライブルク(49.20)
10位 ニュルンベルク(49.15)

フットボールチャンネル

最終更新:9/13(火) 8:05

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。