ここから本文です

レアル主将ラモスがスパイクを黒く塗り潰してプレーする理由 背景にはナイキ社との…

Football ZONE web 2016/9/13(火) 15:42配信

ナイキ社との関係が破綻するも、他社のロゴ入りスパイクを履けず

 レアル・マドリードの主将を務めるDFセルヒオ・ラモスは今季から自身のスパイクを黒く塗り潰してプレーしているが、その理由をスペイン紙「マルカ」が報じている。

スペイン紙が選ぶ”銀河系軍団”レアルの「今世紀最低の補強10人」

 ラモスはこれまで10年間に渡りナイキ社とスポンサー契約を結んでいた。しかし、ナイキ社の世界に向けたプロモーションに自身の姿がなかったことに激怒し、契約を更新しない意向を固めていた。

 一方で、現在結んでいる契約には、来年2月まで他社のロゴの入ったスパイクを履くことを禁じる条項が組み込まれているため、スパイクを黒く塗り潰すことに至ったという。

ラモスの他にはトーレスも…

 ラモスは現在、アディダス社、プーマ社、ホマ社、ニュー・バランス社、アンダー・アーマー社と交渉の場を設けているとのことだが、高額な契約料もあり、締結にはまだ時間を擁することになりそうだ。

 最近ではラモスの他にも、アトレチコ・マドリードのFWフェルナンド・トーレスがナイキ社からアディダス社に乗り換えたいきさつがあり、こちらもナイキ社の対応に不満を抱いたことが理由とされている。ナイキ社にとっては、看板選手を次々と失う手痛い事態が続くことになってしまった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:2016/9/13(火) 15:42

Football ZONE web

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。