ここから本文です

スピルバーグ、『BFG』特別映像でロアルド・ダール&ディズニーをリスペクト

リアルサウンド 9/13(火) 12:03配信

 9月17日に公開される『BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント』より、スピルバーグ監督のコメント入り特別映像が公開された。

本作は『チャーリーとチョコレート工場』で知られるロアルド・ダールの『オ・ヤサシ巨人BFG』を、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督が映画化したもの。好奇心旺盛な少女ソフィーと“やさしい巨人”BFGの友情を描く。ソフィーを新人女優ルビー・バーンヒルが務め、“BFG”を『ブリッジ・オブ・スパイ』のマーク・ライランスが演じる。

 本日、9月13日はロアルド・ダールの生誕100周年記念日。このたび公開された特別映像は、スピルバーグ監督が敬愛するロアルド・ダールとウォルト・ディズニーへの想いを語る様子が映しだされている。スピルバーグは長年のダール作品のファンで、中でも『オ・ヤサシ巨人BFG』は、自分の子供たちに読み聞かせるほど親しんでいたと言う。特にスピルバーグが惹かれたのは、ダールが紡ぐダークな核心を持ったおとぎ話。「怖いことを描きながらも同時に救いがあり、誰にとっても恒久的な教訓となる。それはダールが成し遂げた素晴らしい偉業であり、私が本作に惹かれて監督したいと思った理由もそこにありました」と語るように、スピルバーグはかねてよりダールの作家性をリスペクトしていたようだ。

 原作作家のダールだけでなく、スピルバーグがもうひとつ強い想いを寄せているのが、初となるディズニーでの映画化。スピルバーグはディズニーにも、ダール作品に感じられる「ダークさと明るさの組み合わせ」の魅力を感じるのだという。特に『ダンボ』、『ファンタジア』、『白雪姫』、『シンデレラ』などの初期作品にトレードマークとして表れているとして絶賛。「初仕事を誇りに思う」と語っている。

リアルサウンド編集部

最終更新:9/13(火) 12:03

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。